NEWS

1月23日、変革の星・天王星は約八年かけて世界と時代を動かし、人々を変革へと導きます。

天王星は変革の星です。

天王星が12星座を一周するのにかかるのは、およそ84年。つまり、人の人生とほぼ同じくらいの月日をかけて、やっとすべての星座をひと巡りします。ひとつの星座に滞在するのは、七、八年。星座の持つ空気と天王星がもたらす変化の運気が重なり合うことで、その時代特有の大きな変革が生み出されていきます。

天王星は2018年に牡牛座へと移動して以来(その後、一度牡羊座に戻る期間を経て)、ずっと牡牛座に滞在しており、この先2026年まで滞在を続ける予定です。約八年を費やし、天王星は大きな変革をもたらします。そう、日常の変化といった小さな変化ではなく、人のみならず、社会、世界に対しても変革をもたらすのです。

それでは、この変革はどのように起こるものなのでしょう?

それは、人々が共有している「概念」が変わることによって引き起こされます。これまで当然と考えられてきた「概念」が変わると社会の枠組みが変わり、人の生き方も変わるのです。社会とは、さまざまな概念、言葉が組み合わさって成立っているもの。私たち人間はその「概念」を共有することで、初めて社会的な存在となります。この「概念」が変化し、社会は一気に揺れ動き始めます。当然、社会に参加している私たちもその影響を受け、揺れ動くことになります。天王星の役割はここにあります。「概念」に変革をもたらして社会を揺り動かし、新たな時代を導くのです。そして、新たな時代に呼応した人を社会の前面に押し上げていきます。

天王星は、いま、牡牛座に滞在していますが、この2026年までの約八年間は、特に経済的な「概念」が揺れ動いていきます。これまでの仕事のやり方や価値観では通用しない、新しい経済社会が立ち上がっているのが現在です。そして、私たちはそれぞれのやり方で、その変革に自分を合わせることが必要となっているのです。世界が動くことで、人々も変化する。天王星の私たちにもたらす変革とは、このように時代と連動するダイナミズムを持っているのです。

以下の記事では、12星座タイプ別に天王星がもたらす「変革」をお伝えしていきます。長い期間をかけて行われる変革は、時代の変革に自分を合わせていく道のりでもあります。と同時に、時代の変革というものは個々人の変革から導かれるものでもあります。常識が大きく変わっていくときです。

※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人は、SOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト


12星座別、天王星が約八年かけてもたらす「変革」とは?(2018年〜2026年4月)