• NEWS

    「啓蟄」の季節です(3/5-3/19)

    二十四節気では、暖かさに誘われて地中から虫が出てくる「啓蟄(けいちつ)」の季節に入りました。 「啓」は開く意味で、「蟄」は(虫が土中や穴に)閉じこもる意味です。それなので啓蟄で「閉じこもった状態から扉を開けて出てくる」イ…

  • NEWS

    「雨水」の季節です(2/18-3/4)

    二十四節気で、氷がとけて水となる「雨水(うすい)」の季節となりました。 「立春」の次の二十四節気は「雨水」です。日付は2月18~3月4日となります(毎年ズレはあります)。 雨水という言葉に表現されている通り、この季節は氷…

  • NEWS

    「立春」の季節です(2/3-2/17)

    二十四節気の最初の季節であり1年の起点となる「立春」がやってきました! 2月2日の節分を経て、いよいよ立春を迎えました。立つとはここでは始まるの意味です。そして、立春は暦における一年の起点でもあるので、年の区切りと季節の…

  • NEWS

    「大寒(だいかん)」の季節に入ります(1/20-2/2)

    二十四節気で「大寒(だいかん)」の季節となります。 昔から「大寒の日の水は腐らない」と言われ、酒の仕込みなどに用いられてきました。それほどまでに冷たく澄んでいるという意味です。また、大寒の時期に生まれた鶏の卵を特別視して…

  • NEWS

    「小寒(しょうかん)」の季節に入ります(1/5-1/19)

    二十四節気で「小寒(しょうかん)」の季節となります。 これは次に続く大寒(だいかん)に次ぐ寒さという意味で、ここから冬の厳しさがピークに向かって進んでいきます。寒の文字が付いていることからわかるように、この日から「寒の入…

  • NEWS

    「冬至(とうじ)」の季節に入ります(12/21-1/4)

    二十四節気で「冬至(とうじ)」の季節となります。 冬至は1年で最も昼の時間が短くなる季節です。東洋世界では古来、世界を「陰陽」で理解する思想があります。その陰陽思想に則るならば、冬至は陰が極まる季節となります。反対に、も…

  • NEWS

    「大雪(たいせつ)」の季節に入ります(12/7-12/20)

    二十四節気で「大雪(たいせつ)」の季節となります。 寒さがさらに本格化する時期です。これまでは「小雪(しょうせつ)」の季節でした。つまり小から大へと冬が進化していることになります。言葉の通り、山岳部だけでなく平野部にも雪…

  • NEWS

    「小雪(しょうせつ)」の季節に入ります(11/22-12/6)

    二十四節気で「小雪(しょうせつ)」の季節となります。 立冬の次の二十四節気が「小雪」です。地方によっては雪がちらつく時期に入りっています。よく、二十四節気や七十二候は日本の現代の季節に合わないことがあると言われます。もと…

  • NEWS

    「霜降(そうこう)」の季節に入ります(10/23-11/6)

    二十四節気で「霜降(そうこう)」の季節となります。 秋がさらに深まっています。一つ前の「寒露」は冷たい滴が草木に宿る季節という意味でしたが、「霜降」では朝露がついに凍って霜となる季節に入ります。平野部ではこの季節にはまだ…

  • NEWS

    「寒露(かんろ)」の季節に入ります(10/8-10/22)

    二十四節気で「寒露(かんろ)」を迎えます。 秋が深まっています。暦ではこの寒露の季節から晩秋に入ることとなります。秋分を過ぎて昼と夜の長さが逆転しました。中国の古代思想ではこれを機に大気の陰陽が逆転したと考えます。これか…