NEWS

7月23日、太陽が獅子座へ移動! 灼熱の季節、ホームに戻った太陽が世界を動かす。

7月23日午前5時6分、太陽が獅子座へと移動。灼熱の太陽が照りつける「獅子座の季節」が訪れます。これは気温だけの話ではありません。この一ヶ月間、太陽の持つ運気がひときわ強く人々を照らすことになるのです。

星座はそれぞれ守護星を持っています。双子座の守護星は水星、射手座の守護星は木星、魚座の守護星は海王星……といった具合なのですが、獅子座の守護星はなにを隠そう太陽なのです。逆から表現すると、獅子座は太陽にとっての「ホーム」です。ホームでの太陽はふだんより力強く世界を照らします。まるでホームグラウンドに戻ったスポーツチームのように、フルパワーで活躍するのが、この期間の太陽というわけです。

太陽はコミュニケーション運や恋愛運など、特定の運勢を形作る星ではありません。それら個別の運勢の「土台」となる運勢を形作る星です。一ヶ月間の運勢の通奏低音を奏でるのが太陽の役割であり、太陽の力が強まると、恋愛運や仕事運など、さまざまな運勢全体がグッと下から支えられ、伸びていくイメージです。

7月23日からの一ヶ月、人々は活発に動き出し、また、仕事でも日常でも、さまざまな交流が起こることになります。ホームグラウンドに戻った太陽がもたらす強い流れに上手く乗ることができれば、遥か高い場所にまで辿り着ける、そんな上昇気流が世界に巻き起こる時期です。しかも、8月4日まではコミュニケーションの星・水星も同じく獅子座に滞在し、さらに、8月12日からは恋愛の星・金星が獅子座に滞在します。これら三つの星は協力しながら、人々の言葉と「ときめき」の運勢を強く巡らせていくことになります。

ひとつのピークは7月29日の新月です。新月は太陽と月が重なる瞬間のことを指しますが、このとき月は古い光をすべて失い、その後、新たな始まりの光を帯びることになります。灼熱の太陽が生まれ変わるかのごとく、なにか新たな始まりを生み出す暗示に溢れた新月なのです。

世界に時間と季節をもたらし、日常の「土台」を形作る太陽は、西洋占星術でも特別な星です。そんな太陽が一年のなかでも特に強い力を発揮するのが、7月23日からの獅子座滞在期間です。世界が自ら動こうとするので、そこに生まれる「勢い」を掴むことがなにより大切となりそうです。

この獅子座の太陽が与える具体的な運勢は、星座タイプによって変わります。以下から自分の星座タイプを選んで、この一ヶ月間の「土台」の運勢を確認してください!



※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人は、SOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト


12星座別、太陽が与える「土台」の運勢(7/23〜8/23)

「楽しさ」が一気に拡大。太陽と金星が協力しながら、あなたに強い恋愛運を注ぎ込む。

太陽が「安らぎ」をもたらす時期。金星からの影響によって、恋愛へと発展する可能性も。

「巡る」という流れが生まれる一ヶ月。言葉は遠くにまで届き、心の奥深くに突き刺さる。

人も情報もあなたに吸い寄せられ、仕事運は上向きに。数字などのデータにこそ力が宿る。

獅子座の「力強さ」や「輝き」と強く共鳴。守護星・太陽があなたを表舞台へと送り出す。

棚卸しにともない、予測不能な混乱や迷走も。一歩下がってスタンバイモードで過ごす。

自由を求めることで、無縁だった世界と接続!  コミュニケーションの輪もさらに大きく。

まさしく成功運。太陽から授けられる運気に包まれるなか、社会的な階段を駆け上がる。

「未知」の力を借りて、人生、そして運命を変える旅へ。出会いのチャンスも掴めるとき。 

価値観の反転も。「土台」に渦巻くドロリとした流れが、あなたを裏側へと導いていく。

驚くような出会いであっても、ためらわずに受け入れること。そこから世界は前進する。

いまがそのタイミング。運命を大きく動かすため、日常を重視し、日々改善する努力を。