あなたの運命

「蝕の季節」が獅子座タイプのあなたに与える影響(11/19〜12/19)

月蝕→皆既日蝕→満月と続く期間に浮かぶ、運命のもうひとつの可能性。

今回の「蝕の季節」は、11月19日に月蝕、12月4日に皆既日蝕、12月19日に満月という流れで推移していきます。そして、獅子座タイプのあなたにひとつの変革のストーリーを浮かび上がらせます。それは、あなたの社会的立場やプライドが次第に高まっていき、その気持ちが強まっていくなか、どこかで「現在の自分、現在の生活」に我慢できないという瞬間を迎え、その後日常を飛び越えて新たな生活を模索し始めるというストーリーです。「蝕の季節」が獅子座タイプにもたらすのは、このようなダイナミックな変革のストーリーの「可能性」なのです。

そもそも、月蝕は満月と同時に起こるものです。そして、日蝕は新月とともに起こるものです。ふだんの占星術的解釈では、満月はひとつのサイクルの達成、新月は新たな始まりということができます。ただ、「蝕」がふだんと違うのは、満月が「喰われる」ことであり、新月が太陽を「喰う」ことです。これは急激に運命が「反転」する可能性をもたらします。 月蝕と日蝕を繰り返す「蝕の季節」というのは、太陽や月がもたらしている運命が「反転」したり、現実とは違う運命があなたの人生に侵入してくる可能性があるときなのです。

(残り1755文字)