ソラリタ・タイプ

「貴石の牡牛」の運命

「貴石の牡牛」の運命

あなたはの生まれた日は、
西洋占星術では「牡牛座」
四柱推命では「宝石」
という運命を持っています。

あまり目立つことが好きではないようです。
グループ内や仲間内で目立たないように過ごし、あえてではなく普通におとなしくしていることに心地よさを感じるかもしれません。
美しい人が多いようです。特に外見に限った話ではなく、かといって心が美しい、というのでもなく。見た目やスペック、分かりやすさとはちょっと違った美しさを持っている人が多いのです。
「美しさ」の定義はなかなか難しいのですが、たとえば人と違うことというのは一つの美しさの条件です。世の中全員が美人であった場合、それはもはや美人ではなく普通の人です。あなたの美しさも、こういった感じがあります。「なにか人と違う」「なにか人とずれた感覚をしている」「なにか話がかみ合わない」などなど。この世の中とのちょっとした「ズレ」が、あなたの「美しさ」と密接に関係があるようなのです。

これまで占いをしてきた人なら当然知っていることと思いますが、あなたは西洋占星術では「牡牛座」と分類されます(正確に言えば太陽星座で「牡牛座」となります)。牡牛座の特徴は、どっしりと落ち着いた風貌、考え方。一般的に牡牛は恐ろしいイメージがありますが、むしろそんなに興奮しやすい動物ではないようです。我慢強くものごとに取り組むタイプです。
もう一つ、東洋の占い「四柱推命」では、あなたは「宝石」で表されます(正確には「辛」という漢字で表現されます)。これは、宝石のような美しさを表すと同時に、その一点の汚れも許さないような完璧主義、そのためのストイックな姿勢などを意味します。

西洋占星術と四柱推命は別々の占いです。ただ、どちらも誕生日から運命を割り出すという点では同じです。あなたの生誕の瞬間に宿る運命を、東西二つの世界の法則がそれぞれ割り出しているのです。
つまり、あなたという複雑な運命を持つ人間を、東西それぞれの立場から解釈しているものです。なので、どちらかが正しいというものではなくお互いに補って立体的に解釈すべきものなのです。

そして、あなたの「牡牛座」の特性と、「宝石」としての本質。これらを合わせて解釈すると、あなたは「貴石の牡牛(きせきのおうし)」というイメージで表現されるのです。
古代文明の遺跡で発見された異教の装飾品、といった感じです。
宗教的な崇拝の対象だったような神秘性も感じさせます。恐ろしい雰囲気はまったくなく、ただただ美しい像のようです。そしてあなたという人間の運命は、この「貴石の牡牛」というイメージから広がっていく物語なのです。

 

(この続きは3,180文字あります)