ソラリタ・タイプ

6月の運勢:渓流の魚タイプ

西洋占星術で 魚座タイプ、四柱推命で水(癸)タイプの人の6月の運勢

西洋占星術では、あなたは魚座タイプです。

四柱推命では、あなたは水(癸)タイプです。

そして、このふたつを融合したソラリタ・タイプでは、あなたは渓流の魚タイプとなります。

ここでは、上記三つの占術であなたの6月の運勢を占います。

まず、西洋占星術で6月の星の動きを読み取ることにより運勢をお伝えし、

その次に、6月の干支である「丙午」から四柱推命での運勢をお伝えします。

最後に、それぞれの重要な運勢ポイントを融合解釈して、6月の運勢の結論をお伝えします。

西洋占星術でみる6月の魚座タイプの運勢

6月前半、魚座のあなたは多くの人々と接していくことになります。あるときは恋愛感情を伝えたり、好意を受け取ったりすることになるでしょうし、あるときは仕事上の交渉や打ち合わせなどをしたりするでしょう。対応しなければならないことが数多く発生し、慌ただしく日常が過ぎていくイメージです。6月3日に水星が逆行を終了することで、特に5月中に停滞を感じていた人は周囲に多くの人や情報が集まってくることを実感しそうです。さまざまな人々とコミュニケーションを取ることで、あなた自身が更新され続けていくイメージです。人は他人と接することで自分自身を知ることになるし、それが自身の成長へと繋がっていくものです。つまり、成長の機会に恵まれるということなのです。

6月も後半を過ぎるあたりから、あなたを取り巻く空気が少し変わりそうです。これまで慌ただしく行き交っていたものごとが次第に落ち着いていき、あなたにとって必要な人や情報だけが残っていくイメージです。たくさんの候補のなかから厳選された精鋭たちが、これからあなたを優しく包み込んでいきます。それは恋人ということもあり得るし、あなたがこれから深くコミットしていく仕事ということもあり得ます。慌ただしさを経たうえで、じっくりと腰を落ち着ける場所を見出すというのが6月後半の流れというわけです。6月21日には、日常の「土台」を形作る太陽があなたの恋愛運を刺激していくことになります。気心の知れた人々との交流において、新しい恋愛が生まれることもありそうです。

一方、これとは別に、6月は大きな星の動きがあります。

(残り1840文字)