あなたの運命

木星が射手座タイプのあなたにもたらす幸運と拡大(2022.5.11〜2023.5.17)

約一年かけて展開する、全五章からなる幸運のストーリー。

木星は拡大を司る星です。触れるものを一気に広げるという役割を持っています。

よく木星は幸運の星と呼ばれますが、それはものごとやお金、感情、概念、人間関係などをポジティブに拡大することで、人々を幸福に導くからです。木星が滞在する星座に合わせて、私たちの幸運と拡大の形も変わり、世界を包み込む空気、経済、そして人々の気持ちも変わっていきます。

木星が牡羊座に滞在する期間は、5月11日から2023年5月17日までの約一年です。本来であれば、木星は約一年間、ひとつの星座で過ごすことになるのですが、今回の木星は少し複雑な動きをします。途中で逆行をすることで、ひとつ前の魚座に一時的に戻ってしまう期間が生まれるのです。

逆行する期間、もしかしたら、あなたはこれまでにやり残した「幸福への課題」に改めて向き合うことになるかもしれません。ただ、これは決してネガティブなことではありません。むしろ、これまであなたの幸運や拡大を妨げていた原因を特定し、改めて「幸運を生き直す」という貴重なストーリーを手に入れることにつながるはずです。いったん過去に戻ることで、運命にこびりついた淀みを振り落とし、改めて「正しい運命」「そうあるべきだった運命」を生き直すことになるのです。

今回、射手座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の物語は、五つの期間に分かれます。

①5月11日〜7月29日:木星が魚座に滞在する期間「拡大が包み込む強い幸運期、その予兆」

②7月29日〜10月28日:木星が逆行する期間「必要のないものや『縁』を削ぎ落とす」

③10月28日〜11月24日:木星が逆行して水瓶座に戻る期間「自分の所属すべき場所と再会する」

④11月24日〜12月20日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「新しい日常の土台となる『縁』が一気に充実する」

⑤12月20日〜2023年5月17日:木星が再び魚座に滞在する期間「楽しさが拡大し、あなたを包み込む強い幸運期へ」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月11日〜7月29日:拡大が包み込む強い幸運期、その予兆

木星は拡大を司る星で、ものごとを一気に広げるという役割を持っています。よく木星は幸福の星と呼ばれますが、それは木星がものごとやお金やポジティブな感情などを拡大することで人々を幸福に導くことからです。雑誌などの占いで「今年一番運勢がいい星座」といった企画がありますが、このような年間スパンの幸運度を占うにあたって最も重視されるのが木星といえます。

5月11日から約二ヶ月半という期間、木星はあなたの「楽しさ」を一気に拡大していきます。いわば幸運期の到来! といったところです。「楽しさ」が拡大していくというのはハッピーで楽天的なイメージであり、もちろんそれで間違いではないのですが、もう少し詳しく説明してみます。この「楽しさ」の拡大とは、「創造性」の拡大ともいい換えることができます。ここでいう「楽しさ」とは、なにもせずにただ楽しいといったタイプのものではないからです。実際、努力もなにもせずにいろんなものが手に入ったとしても、そこには喜びがまったくないはずです。

「楽しさ」とは、自ら世界に働きかけることでそこから価値を見出すことにあります。働きかけること、あるいは与えることが大切なのです。私たちを取り巻く世界は可能性に満ちていて、

(残り3294文字)