あなたの運命

木星が蠍座タイプのあなたにもたらす幸運と拡大(2022.5.11〜2023.5.17)

約一年かけて展開する、全五章からなる幸運のストーリー。

木星は拡大を司る星です。触れるものを一気に広げるという役割を持っています。

よく木星は幸運の星と呼ばれますが、それはものごとやお金、感情、概念、人間関係などをポジティブに拡大することで、人々を幸福に導くからです。木星が滞在する星座に合わせて、私たちの幸運と拡大の形も変わり、世界を包み込む空気、経済、そして人々の気持ちも変わっていきます。

木星が牡羊座に滞在する期間は、5月11日から2023年5月17日までの約一年です。本来であれば、木星は約一年間、ひとつの星座で過ごすことになるのですが、今回の木星は少し複雑な動きをします。途中で逆行をすることで、ひとつ前の魚座に一時的に戻ってしまう期間が生まれるのです。

逆行する期間、もしかしたら、あなたはこれまでにやり残した「幸福への課題」に改めて向き合うことになるかもしれません。ただ、これは決してネガティブなことではありません。むしろ、これまであなたの幸運や拡大を妨げていた原因を特定し、改めて「幸運を生き直す」という貴重なストーリーを手に入れることにつながるはずです。いったん過去に戻ることで、運命にこびりついた淀みを振り落とし、改めて「正しい運命」「そうあるべきだった運命」を生き直すことになるのです。

今回、蠍座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の物語は、五つの期間に分かれます。

①5月11日〜7月29日:木星が牡羊座に滞在する期間「新しい日常の訪れ、その予兆」

②7月29日〜10月28日:木星が逆行する期間「逆行により、日常の形を探る」

③10月28日〜11月24日:木星が逆行して魚座に戻る期間「失われた仕事や恋愛の喜びを見出す」

④11月24日〜12月20日:木星が逆行を終え、再び魚座を順行する期間「出会うはずだった喜びを再び手に入れる」

⑤12月20日〜2023年5月17日:木星が再び牡羊座に滞在する期間「手に入れた喜びが新しい日常を形作る」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月11日〜7月29日:新しい日常の訪れ、その予兆

木星は幸運、そして拡大をもたらす星です。5月11日からの約二ヶ月半、木星はあなたの日常、特に仕事関係に大きな拡大、そして幸運をもたらす流れに入ります。あなたはこの期間、仕事が忙しくなりそうですが、それは確実にポジティブな傾向です。ひとつひとつの仕事から新たな価値がポコポコ生み出されるイメージ。たとえば、いま関わっている仕事相手から数珠繋ぎのように新たなプロジェクトが生まれる、あるいは新たなクライアントを紹介してもらうなどといった連携が生まれるときです。逆にいま仕事がない、あるいは転職をしたいと考えている人にとっては、新しい職業との巡り合いがあるときと考えてよさそうです。

木星はものごとを拡大させていく星です。木星は幸運を導く星と呼ばれますが、それはものごとやお金、仕事、感情などを拡大することで人々を幸福に導くことから。雑誌などの占いで「今年一番運勢がいい星座」といった企画がありますが、このような年間の幸運度を占うにあたって最も重視されるのが木星だといえます。その木星があなたの日常、そして仕事を一気に拡大していく流れに入るのがこの期間となっています。

たとえば、毎日の仕事をするなかで

(残り3468文字)