あなたの運命

「蝕の季節」が双子座タイプのあなたに与える影響(5/1〜5/30)

日蝕→皆既月蝕→新月と続く期間に訪れる、もうひとつの運命。

5月1日から5月30日まで、日蝕と月蝕が交互に訪れる「触の季節」に入ります。これは運命が反転する可能性のある時期といえます。

日蝕とは、新月によって太陽が「喰われる」ように見えるとき。月蝕とは、地球の影に隠れることで満月が「喰われる」ように見えるとき。ふだんであれば、これはものごとの始まりである新月とサイクルの達成である満月という現象なのですが、「触」を伴うことによって、現在進んでいる運命が「喰われる」ことになるのです。そして、現在進んでいる運命がぐるりと「反転」することがあるのです。これが「蝕の季節」です。

さらに、今回の触の季節にはひとつの大きな特徴があります。半年前、2021年11月19日から12月19日までの期間に起こった蝕の季節と同じような経路を、今回の月蝕および日蝕は辿るのです。これは、前回の蝕の季節に訪れたものと同じような「運命が反転する可能性」が、半年後の2022年5月1日から30日までの期間に再びあなたのもとに訪れることを意味しています。少し違うのは、前回は月蝕→日蝕→満月という流れだったのに対し、今回は日蝕→月蝕→新月という流れに反転していることです。

これは、半年前からやり残している課題が再び訪れるという意味にも解釈できます。あるいは、半年前に起こった事件やできごとが、今回、ひとつの結末を迎えるという意味にも解釈できます。いずれにしても、混乱とともに新しい道筋が生まれるという暗示が強く示されているのです。

蝕の季節の影響は人によってまったく変わり、大きな運命の変更を感じる人がいる一方、なにひとつ特別なことを感じないという人も多いものです。重要なのは、潜在的には誰にでも「運命が反転する可能性」が訪れ得るときということです。

5月1日からの一ヶ月間、双子座タイプのあなたには、以下のようなストーリーが運命の可能性として訪れます。この可能性が現実となるか否かは断言できないのですが、自分の運命にこのような反転の可能性があることを知っておくことは意味のあることです。

(残り1799文字)