ソラリタ・タイプ

12月の運勢:宝石の牡羊タイプ

西洋占星術で牡羊座タイプ、四柱推命で宝石(辛)タイプの人の12月の運勢

西洋占星術では、あなたは牡羊座タイプです。

四柱推命では、あなたは宝石(辛)タイプです。

そして、このふたつを融合したソラリタ・タイプでは、あなたは宝石の牡羊タイプとなります。

ここでは、上記三つの占術であなたの12月の運勢を占います。

まず、西洋占星術で12月の星の動きを読み取ることにより運勢をお伝えし、

その次に、12月の干支である「庚子」から四柱推命での運勢をお伝えします。

最後に、それぞれの重要な運勢ポイントを融合解釈して、12月の運勢の結論をお伝えします。

西洋占星術でみる12月の牡羊座タイプの運勢

11月19日に月蝕が起こったことで、運命が反転する「蝕の季節」に入りました。12月はそんな不思議な空気に包まれたなかで始まります。この「蝕の季節」のピークといえるのが12月4日の皆既日蝕です。これは光を失った新月が太陽と重なることで、まるで月が太陽を「喰らう」かのように見える現象。これまで進んできた運命が反転する、あるいは違うレールへとチェンジすることが起こり得るときです。そして、牡羊座タイプのあなたにとっては、まったく関わりがなかった世界と急に関わりを持つ可能性が浮上するときです。これは仕事、恋愛、日常、いずれにおいても、です。所属する会社などがガラリと変わるといったようなこともないとは限りません(ただ、「蝕の季節」はあくまで可能性なので、なんの変化も起こらないことも多いものです)。

この「蝕の季節」は12月19日の満月をもって終了します。あなたはそこから、

(残り2033文字)