あなたの運命

金星が魚座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは魚座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

金星は11月5日から2022年3月6日まで、四ヶ月という長い期間を山羊座で過ごします。そして、魚座タイプのあなたはこの期間、金星の力によって新たな「絆」が生まれる流れとなるようです。

新型コロナによってこれまで存在していた社会的、経済的結びつきが弱まるケースも増えています。ただ、「ニューノーマル」という言葉があるように、こんな状況だからこそ新たな試みを始めなければならないのも事実です。そして、破壊され、断ち切られた絆はそのまま元に戻すのではなく、結びつきを作り直すと考えてみることも大切な視点です。ピンチはチャンスでもあり、混乱のなかで活路が開けるというのはよくある現象です。

社会が徐々に自由を取り戻しつつあるいま、あなた個人も新しく関係性を築くことになりそうです。それは恋愛や仕事におけるものかもしれないし、社会的な繋がり、コミュニティーの繋がりという可能性もあります。

金星は「世界を新鮮に蘇らせる」力を持っています。よく恋愛を司ると星といわれる金星ですが、これは人々の関係性を新鮮にすることで「好き」という感情を生じさせる働きをするからです。「好き」の対極にあるのは「嫌い」ではなく、「無関心」や「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係やものごと、仕事などを「新鮮に蘇らせる」ことにより、フレッシュな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。

金星が山羊座に滞在するこの四ヶ月、魚座タイプのあなたは新たな絆を探る流れのなかで、これまでとは違う人との結びつきに「ときめき」が生まれる、これまで縁遠かったタイプとの接触に「ワクワク」が生まれる、そんな期間となりそうです。それは壊れたもののなかに可能性を感じることであり、失われたことで生まれる新たな形を見出すこと、これまで存在していたものと新しい可能性とを繋いでいくことなのです。

魚座タイプのあなたは金星の力によって膨大な問題のなかに光り輝く可能性を見出すことができるはずです。 これは仕事においてもそうですし、人間の繋がりにおいてもそうです。人と人との距離をなかなか縮められない状況下でも、新たな繋がり方を見出す。新たな関係性を見出す。そしてそれは、新しい恋愛を見出すことにも繋がります。

②12月19日~2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。つまり、新たな繋がりが生まれる運気も弱まる傾向となりそうです。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1470文字)