あなたの運命

金星が水瓶座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは蠍座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

金星が山羊座に滞在します。長い長い四ヶ月という滞在期間ですが、金星は水瓶座タイプのあなたをある種「この世を超えた世界」に誘う流れがあります。とても不思議で曖昧な期間となりそうです。

金星はよく「恋愛」を司るといわれますが、それは金星が「世界を新鮮に蘇らせる力」を持っているからです。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」です。金星はあなたが触れる世界をキラキラと輝かせるのですが、そこには「ときめき」や「ワクワク」といった感情が生まれます。この喜びと驚きが入り混じったようなピュアな感情が「好き」に通じていくのです。

金星はこれからの期間、あなたを不思議な出会いへと導くように働きます。不思議な出会いとは、深い感情が芽生えるような出会いかもしれないし、晴れやかで軽やかな出会いかもしれません。あるいは真剣に対峙すべき出会いかもしれないし、そのすべてを含んだようなものもしれません。さまざまな可能性があるのですが、それらに共通するのは「不思議」さであり、それは自分の予測とは違う方向から玉が飛んでくるような「変化球の出会い」とでもいえそうなのです。これまで自分とあまり接点がなかった人やものごとに新しい魅力を感じたり、なにか予測のつかない縁が絡み合うような、意外性と不思議さが入り混じった時期となっています。

ただ、新しいものごとはそういった予測不能な場所から生まれるものです。

今回の金星は、お金や人脈が同じところに集まり続ける流れをリセットする働きをします。ものごとや序列は固定化していくもので、お金はお金を持っている人のもとへと集まり、人気のある人はさらに多くの人を集めます。世界とは、持っている人がどんどんとその立場を強くしていく舞台です。ただ、ひとつのサイクルがピークを迎えると、世界は新しいカタチを求めてこれまでの境界をいったん溶かし始めます。今回の金星はあなたをここに誘う流れとなっているのです。

この期間大切なのは、予測不能な場所にこそチャンスが埋まっていると考える姿勢です。思うようにいかないこともあるかもしれませんが、それが逆に思いもよらない「ときめき」を生み出したりするものです。

いま、水瓶座タイプのあなたはとても重要な地点にいます。10月はあなたの星座に滞在している土星と木星が逆行を終えました。このふたつの星は昨年、約20年ぶりに重なることで(グレートコンジャンクション=偉大な重なり)、これからおよそ200年続く「風の時代」を導きました。新たな時代のクリアな空気が世界を包み始めています。そして、この時代の変わり目の先端に水瓶座タイプのあなたがいるのです。あなたの「ときめき」が辿り着く先もまた、新たな時代にふさわしい場所になるはずです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1136文字)