あなたの運命

金星が山羊座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは蠍座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

金星が山羊座、つまりあなたの星座に滞在します。長い長い四ヶ月という滞在なので、あなたの恋愛や「ときめき」、仕事における「ワクワク」が大きく更新される予感がもたらされます。

一般的に星がその人の星座に滞在する期間は、その星の力が強く注がれる期間となります。山羊座タイプのあなたにとって、この四ヶ月は金星の力によりあなたを取り巻く日常が一気に輝き始める時期といえます。これは端的に「モテ期」といっても間違いではないのですが、もう少し違う表現をしてみます。この期間、あなたが触れる世界、関わる人、触れる情報などが一気に蘇る感覚が訪れるのです。「なにかが始まる」という予感とともに、「ワクワク」や「ときめき」の感情が生まれることになります。

山羊座タイプのあなたは、着実に運命を前進させていく強さを持っています。金星という星もまた、日常を美しく更新していく役割を持っています。このふたつの運命が交わることで、あなたの「ときめき」が世界に広がっていく、そんな輝かしいイメージが浮かぶのです。

金星は恋愛の星と呼ばれています。それは正しいのですが、違う角度から解釈すると、慣れ切ってしまった日常を新鮮に蘇らせる星ともいえます。たとえば、パートナーとの関係性や現在の仕事など、変わり映えのしない毎日を再び輝かせる力を持っているのです。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」です。金星が恋愛の星といわれるのは、マンネリとなった日常に新しい輝きをもたらすことで、「無関心」を「好き」に変えていくからです。

もちろん、恋愛運が上昇するのは間違いありません。金星は「新鮮さ」を人間関係にもたらすので、これまで意識していなかった人との縁が生まれたり、思わぬところから出会いが転がってきたりすることもあります。ふだんよりあなたが触れる世界が輝くことで、あなた自身もそこに「ときめき」の感情を見出すことになります。こういった感情の連鎖に引き寄せられるように、新たな出会いも生まれるはずです。

ただお伝えしたように、金星がもたらす輝きは恋愛だけに注がれるわけではありません。慣れ切った仕事に新たな可能性を感じる人もいるだろうし、普段と変わらぬ生活に改めて感謝の感情を抱く人もいるはずです。また金星は、なにかに囚われて疲れてしまった心にも、日常は美しい輝きに溢れていることを教えてくれるはずです。

12月14日から2022年1月2日までは水星も山羊座に滞在します。言葉が「ときめき」を運んでくれる暗示です。そして、12月22日からは日常の「土台」の運勢を形作る星・太陽も山羊座に滞在することになります。そう、「山羊座の季節」が訪れるのです。

山羊座タイプのあなたをとりまく日常はふだん以上に輝くはずです。そこには恋愛も生まれるし、天職との出会いも生まれます。金星が山羊座に滞在する四ヶ月を通じて、日常がこんなにも可能性に満ちていることをあなたは改めて実感するはずです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1109文字)