あなたの運命

金星が射手座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

金星は「ワクワク」や「好き」、「ときめき」といった感情に影響を与える星です。10月7日から11月5日までの約一ヶ月、金星はあなたの星座である射手座に滞在していました。星がその人の星座に滞在する期間はその星の力が強く注がれる期間です。つまり、射手座タイプのあなたに金星の「ワクワク」「好き」「ときめき」がたっぷりと降り注ぐ季節だったのです。

そして、金星は11月5日に山羊座へと移動し、2022年3月6日まで滞在します。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは射手座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

金星が山羊座に滞在する四ヶ月のポイントは、金星のもたらす「ワクワク」や「好き」、「ときめき」といった感情が具体的なモノに向かうということです。それは物質的、すなわちお金で買えるものであることが多そうです。なにか思い切った買い物をしたくなったり、なにかを売ることでお金を得たりすることもありそうです。これは「金運」が増すといってもいいかもしれませんが、言葉よりもお金や数字に、コンセプトやイメージよりも具体的なモノにあなたの勘が働く、と表現するほうが正確かもしれません。

ただ、その詳細をお伝えする前に、大事な星の動きをお伝えしておきます。それは日常の「土台」の運勢を形作る太陽についてです。太陽は11月22日から12月22日まであなたの星座・射手座に滞在することになっているのです。そう、「射手座の季節」を迎えるのです。

これは、太陽があなたが生まれたときにいた場所に戻る期間(ソーラーリターンと呼びます)であり、あなたの存在が一気に強まる期間です。全体として、あなたはいま、とても上り調子の運気に包まれているということです。このすべての運勢が強まる「射手座の季節」を迎えるにあたり、金星はどのような影響をあなたに与えるのかをお伝えします。

金星はよく「恋愛」を司るともいわれますが、それは金星が世界を「新鮮に」蘇らせる力を持っているからです。金星があなたが触れる世界をキラキラと輝かせると、そこに「ときめき」や「ワクワク」といった感情が生み出されます。この喜びと驚きが入り混じったようなピュアな感情が恋愛にも通じていくのです。そういった意味で、金星は恋愛だけを司る星ではなく、仕事や日常、家族や友情などにも「ときめき」を生み出してくれる星といえます。

この四ヶ月、射手座タイプのあなたは恋愛関係はあまり気にしない方がいいかもしれません。もちろん、「射手座の季節」に入ることであなたに人が寄ってくる傾向は強まっています。恋愛運自体も強まっていくといってもいいはずです。ただ、金星という観点からみた場合、射手座タイプのあなたはいま、「好きなことでお金を生む」ことを意識するほうが大切なのです。たとえば、自分の興味のあるジャンルをビジネスの企画として提案したり、アート関係でなにか作品を作ったりするといいかもしれません。かつては集めていたけれど、もう使わなくなったモノを誰かに転売するといったようなこともよさそうです。

お伝えしたとおり、金星が影響する「ワクワク」や「好き」、「ときめき」といった感情は「新鮮さ」が源です。見慣れた世界も人も、改めて新鮮な目で見ると、そこにさまざまな輝きを見出すはずです。この期間は特に仕事やお金、具体的なモノ、アイテムなどに「新鮮さ」を感じる傾向があるようで、そこにさまざまな輝きと可能性を見出しそうです。これは仕事運が強まる、とも考えられます。うまくいきそうなプロジェクトや頼りになりそうな人が、輝きとともにあなたのもとに寄ってくる暗示でもあるのです。そして、11月22日以降はこういった流れを射手座の太陽が強く後押ししてくれるはずです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。つまり、具体的なモノにまつわる運気も弱まる傾向になりそうです。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1198文字)