あなたの運命

金星が蠍座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは蠍座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たなときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

「好き」や「ときめき」を司る星・金星が11月5日から2022年3月6日まで山羊座に滞在します。蠍座タイプの人はこの四ヶ月、人々との日々の言葉のやりとりに「新鮮さ」を取り戻すようです。仕事でもプライベートでも、マンネリ化しがちなコミュニケーションが新しく生まれ変わるイメージです。これによって恋愛の発展も期待できるはずです。

金星はよく「恋愛」を司るともいわれますが、それは金星が世界を「新鮮に」蘇らせる力を持っているからです。誰かに「好き」という感情を持つには、新鮮さを感じるかどうかが重要です。なにかを「好き」でなくなるとき、それを「嫌い」になるというより、「関心がなくなる」ことのほうが多いのではないでしょうか。この「好き」という気持ちを呼び起こすため、金星は人との関係やものごと、仕事などを「新鮮に蘇らせる」よう働きかけてくれるのです。私たちがいろいろな出会いを作るきっかけを促したり、長期的な関係を築く後押しをしてくれるというわけです。

昨年から仕事や交友関係において、直接の対話の機会が減りました。代わりにSNSをはじめとしたオンライン上のコミュニケーションが活発化しています。ただ、気になるのは、こうしたオンライン上の言葉は使う人によってかなり強い力を持つということ。投稿が思いもよらなかったほど多くの人々に拡散されたり、誤った受け取られ方をしたりということがよくあります。ときには、その先にいる人の姿が直接見えないがゆえに、過激とも思える発言をするケースも見受けられます。

この四ヶ月は、こうしたコミュニケーションにおいて、あまりストレスを感じることはなさそうです。山羊座に滞在する金星がたくさんの人たちとの活発な交流をもたらしてくれます。

大切なのは、愛を持ってなるべく誰かを傷つけない、やわらかな言葉を使うということです。こうしたあなたの言葉は輝きを放ち、きちんと誰かに届くはずです。仕事でもプライベートでも、毎日のコミュニケーションを行う場合は、できるだけフラットな言葉、やさしい言葉を選ぶよう意識してみてください。逆にうえば、相手の発言を深読みしないことも重要です。円滑なコミュニケーションは夢の実現への近道です。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。つまりコミュニケーションの運気も弱まる傾向になりそうです。そして、こ誤解やすれ違いも起こりがちです。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1023文字)