あなたの運命

金星が蟹座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは蟹座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

「恋愛の星」と呼ばれる金星ですが、その理由は金星が人々の関係性を新鮮し、「好き」という気持ちや「ときめき」といった感情を生じさせるからです。人間関係の大敵はマンネリです。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」なのです。金星はさまざまな人との関係やものごと、仕事などを新鮮に蘇らせることにより、驚きとハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星、というのが正しいのです。

その金星が11月5日から2022年3月6日まで山羊座に滞在します。この長い期間、「ときめき」や「ワクワク」を司る金星が蟹座タイプのあなたに与えるのは、ひとことでいえば「出会い」です。出会いといっても、それは新たな人との出会いでもあれば、これまでの人間関係のなかに新たな発見をすることでもあります。

ただ、出会い運が強まるといっても、次から次へと人が現れるといった感じではありません。そうではなく、強い縁を感じられる誰かとの出会いが暗示されていて、群衆のなかからふっとひとりの人物が浮き上がるようなイメージです。

金星によって人間関係に「新鮮さ」がもたらされるということは、あなた自身が輝くということです。初めて海を見る子供のごとく、好奇心に溢れるさまはあなたを魅力的にします。モテというのは周囲の問題ではなく、結局あなたの内側から出てくるキラキラ感の問題なのです。新しく出会った人やこれから関係を深めていこうと考えている相手に対しても気持ちのよい笑顔で接することになり、ふとした優しさが気になる相手との関係に好感触を生み出します。そして、これは恋愛に限らず、人間関係全般に関していえそうです。

この期間、出会う人は結婚相手、あるいは一生付き合える親友となるかもしれません。仕事関係であれば、今後の目標となるような同僚、なにかと手厚くサポートしてくれる上司との出会い。そして、こうした出会いは必ずしも新たな人との間で起こるわけでなく、すでに見知っている人に新たな魅力を見出すこともあるはずです(トラブルに巻き込まれたとき、全力で助けてくれた上司に尊敬の念が生じた、など)。これまでの価値観とは違う人物との出会い、これまで日常で意識することのなかった人との出会い直し、などといったことも起こり得るのです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。つまり出会いの運気も弱まる傾向となりそうです。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1158文字)