あなたの運命

金星が蟹座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは蟹座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

「恋愛の星」と呼ばれる金星ですが、その理由は金星が人々の関係性を新鮮し、「好き」という気持ちや「ときめき」といった感情を生じさせるからです。人間関係の大敵はマンネリです。「好き」の反対語は「嫌い」ではなく、「無関心」なのです。金星はさまざまな人との関係やものごと、仕事などを新鮮に蘇らせることにより、驚きとハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星、というのが正しいのです。

その金星が11月5日から2022年3月6日まで山羊座に滞在します。この長い期間、「ときめき」や「ワクワク」を司る金星が蟹座タイプのあなたに与えるのは、ひとことでいえば「出会い」です。出会いといっても、それは新たな人との出会いでもあれば、これまでの人間関係のなかに新たな発見をすることでもあります。

ただ、出会い運が強まるといっても、

(残り1914文字)