あなたの運命

金星が牡牛座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは牡牛座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

「恋愛」や「美」を司る星が金星です。人々に「好き」という気持ちや「ワクワク」といった感情をもたらす星とされているのですが、この金星が11月5日から2022年3月6日まで山羊座に滞在します。この長い期間、金星は牡牛座タイプのあなたを「未知」、あるいは「遠い場所」へと誘うようです。「遠い場所」とは、海外などの遠い場所だったり、文化が大きく異なる世界、知らなかったジャンル、自分とまったくタイプが異なる人などが当てはまります。あなたの目線をふだんより遠くへと向けさせるため、遠くの世界が新鮮で美しく、輝くものであるよう、金星は働くのです。

これはある意味、現状で抱えている問題をこのままどうにかするのではなく、いっそ新しい世界に飛び込んでリスタートしてみては? との誘いかもしれません。金星はものごとや人間関係に「新鮮さ」を吹き込んでくれる星です。「好き」といった感情は、この「新鮮さ」から導かれるものです。そして、恋愛において顕著ですが、「好き」の対極は「嫌い」ではなく、「無関心」や「マンネリ」です。金星はその力によってさまざまなことを新鮮に蘇らせる力を持っているのです。

もし「未知の世界」が輝いて見えるなら、つまり「新鮮さ」を感じたならば、それは金星があなたを導いているためかもしれません。すぐになにもかも捨てて旅立つのは誰しもが難しく、避けたほうがいいのですが、とはいえ、その輝きを見逃してはいけません。あなたが新鮮な輝きを追い求めるとき、あなた自身も輝いていくのです。これこそが金星が私たちに与える大きな影響です。金星が「恋愛の星」と呼ばれるのもこのおかげです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1280文字)