あなたの運命

金星が牡羊座タイプにもたらす「ときめき」の運勢(11/5〜2022.3/6)

金星が長い時間をかけてもたらす「ときめき」とは?

今回、金星が山羊座に滞在するのは、11月5日から2022年3月6日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの約四倍という期間を山羊座で過ごすことになります。ここでは牡羊座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋を、以下の三つの期間にわけてお伝えしていきます。

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

③2022年1月29日〜3月6日:逆行を終えた金星が改めて順行する期間
「①の新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクがしっかりと形作られる」

①11月5日〜12月19日:金星が山羊座に滞在する期間
「新たな恋愛やときめき、仕事上のワクワクが生まれる」

金星はよく恋愛の星と言われますが、その影響が及ぶのは恋愛だけではありません。金星は世界を「新鮮に」蘇らせる力を持っています。金星はあなたが触れる世界をキラキラと輝かせ、そこに「ときめき」や「ワクワク」といった感情を生み出します。「好き」の対極は「嫌い」ではなく、「無関心」や「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係やものごと、仕事などを新鮮に蘇らせることにより、恋愛を含むハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。

その金星が11月5日から2022年3月6日まで山羊座に滞在します。この長い期間、金星がもたらす「新鮮さ」は牡羊座タイプのあなたの仕事関係に注がれる暗示があります。これは現在、仕事で行き詰まりを感じていたり、なんとなく上手くいっていないと感じている人にはとてもいい流れです。たとえば、決まり切った仕事に飽きていたとしても、そのルーティンのなかにちょっとした楽しみを見出したり、あるいは、別角度からアプローチすれば大きく育つような宝を発見できる時期です。行き詰まった仕事に思いもよらぬ方向から光が差し込む予感がします。また、現在仕事をしていない人であっても、学校や地域社会での活動など社会的な場面でこのような流れが生まれそうです。

この期間はあなたの言葉が権力を持つ人に辿り着いたり、あなたの企画が思いもよらない人まで辿り着いたりする可能性も高まります。金星があなたに「社会的な栄誉」をもたらす強い流れがあることは知っておいてください。

大切なのは、チャンスに出会ったならば、「ワクワク」や「ときめき」の感情を素直に信じることです。この直感の先にはまだ見ぬ新しい世界が広がっていくはずです。理屈だけでは解決できないことはたくさんあり、それがベストな道とは限らないのです。いまは深く考えるよりも「ワクワク」の感覚を頼りにして進むべきです。

②12月19日〜2022年1月29日:金星が逆行する期間
「運命の整体/ストレッチが行われる」

①で説明した「ときめき」や「ワクワク」が少し生まれにくくなるかもしれません。つまり、仕事関係の運気も弱まる傾向となりそうです。ただ、この金星逆行期間は金星があなたの日常に埋もれた「新たな可能性」を探している期間、と考えてみてください。新たな日常の可能性とは、たとえば、

(残り1150文字)