NEWS

「寒露(かんろ)」の季節に入ります(10/8-10/22)


二十四節気で「寒露(かんろ)」を迎えます。

秋が深まっています。
暦ではこの寒露の季節から晩秋に入ることとなります。秋分を過ぎて昼と夜の長さが逆転しました。中国の古代思想ではこれを機に大気の陰陽が逆転したと考えます。これから次第に夜が深まっていきます。

寒露とは草に宿る冷たい露、という意味。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前の季節でもあります。そして寒露の季節を終えると、「霜降(そうこう)」という季節を迎え、このとき朝露はついに凍って霜となるのです。

秋分の季節を終えこれから日はどんどん短くなっていきます。11月7日には立冬となり、12月21日には冬至を迎えます。冬至はもっとも日が短く夜が長い時であり、陰陽の陰が極まる瞬間でもあります。
季節は急速に閉じ始めています。

※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人は、SOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト