あなたの運命

土星逆行が蠍座タイプにもたらす「運命の整体」(5/23〜10/11)

土星逆行が明らかにする現在、未来、そして過去の試練と達成とは?

2020年12月17日に土星が水瓶座へと移動しました。土星はそれから約二年半、具体的には2023年3月7日まで水瓶座に滞在し、人それぞれの「基盤」(30年ほど続く運命の基盤!)を作り上げるように促していきます。

そして5月23日、土星が約四ヶ月半の逆行を開始します。

ここでは蠍座タイプのあなたに、この土星の逆行の影響についてお伝えします。ただ、土星はその影響力が深く、広国およぶ星なので、①そもそも土星はいまなにをしているのか、そして、②逆行が与える影響とはなにかについて、以下のとおりふたつにわけて説明していきます。

①2020年末から2023年3月までの約二年半、あなたが土星から受け取る課題。

②2021年5月23日から10月11日までの土星逆行、あなたが受け止める運命のストレッチ。

さらにもうひとつ。①のいまあなたが受け取る課題とは、実はそれまでの約三年間、あなたが試練に耐えて達成したことから生み出されたものでもあります。つまり、過去から続くストーリーとして、いまの課題を捉えることがとても大切なのです。このため、記事の最後では

③2017年末から2020年12月17日までの約三年間で、土星の試練のもとにあなたが成し遂げたこと。

もお伝えします。

土星はとても重く、強い星ですが、動きがゆっくりとあって、その影響はジワーッと広がります。だから、逆行の影響も毎日の生活では実感しにくいと思います。ただゆっくりなぶん、土星はあなたを深い成長へと導くことになります。土星の働きをいつも頭の片隅に入れておくことは大切なのです。

【①2020年末から2023年3月までの約二年半、あなたが土星から受け取る課題】

2020年末から2023年3月までの約二年半、蠍座タイプあなたの旅は「ホーム」を探す旅となります。「ホーム」とは、言葉のとおり家庭や実家ということなのですが、それ以外にも「自分が安らぎを得られる場所」という意味合いがあります。「ホームタウン」、「ホームグラウンド」など自分の安心感と結びつくような、帰るべき場所が「ホーム」です。さらに、自分にとっての得意分野という意味合いもあります。営業なら誰にも負けない、商品の企画に自信があるという「ホーム」かもしれないし、会社や学校などいま所属している場であるかもしれません。あるいは、「体を動かすことでリラックスができる」、「心が疲れたときはドライブして気を紛らわす」といった自分に戻れる行為もまた「ホーム」といえます。こういった「ホーム」の形を新しくしていくのが約二年半のあなたの旅なのです。

たとえばこの期間、家庭内に新たな課題が持ち上がるかもしれません。それは新しい子供の誕生、転勤、あるいは浮気や親の介護など、さまざまでしょう。形は人それぞれですが、「ホーム」が揺れ動いて新たな生活の形を模索する時期に入っていくのです。

これは実際の家庭でなく、あなたが「ホーム」と感じているコミュニティや学校、会社の部署などのことかもしれません。あるいは自分が得意としていること、お金を稼ぐために自分しかできない仕事といったことにも変化の波がやってくることがあるかもしれませんが、まず強調しておきたいのは、この変化は決してネガティブなものではないということです。

(残り2612文字)