あなたの運命

木星が魚座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、魚座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「自分が全方位的に強まる予感の訪れ」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「必要のない自分を削ぎ落とす」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「改めて”なりたい自分”を見出す」

④10月18日〜12月29日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「ひとまわり大きな自分が生まれる」

⑤12月29日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「存在が強まり、さまざまな人やものごとを引き寄せる」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:自分が全方位的に強まる予感の訪れ

あなたの星座・魚座に木星がやってきます。

木星は拡大を司る星で、ものごとを一気に広げるという役割を持っています。木星が幸福の星と呼ばれるのは、木星がものごとやお金や感情などを拡大することで人々を幸福に導くためです。よく雑誌の占いなどで「今年一番運勢がいい星座」といった企画がありますが、こういった年間の幸運度を占うにあたって最も重視されるのが木星の位置です。ゆっくりしたペースで移動して、人々に幸運と発展を授けるというハッピーでわかりやすい、まるでサンタクロースのような星が木星だといえるのです。

では、そんな木星があなたの星座に滞在することの意味は?

一般に星がその人の星座に滞在するときは、その星が司る運命が強くストレートにその人に注がれると考えられます。端的にいうと、木星がもたらす拡大と発展のパワーがあなたに直接注がれるイメージなのです。これはトータルで見て、12年に一度訪れる幸運年といっても過言ではないようです。これからの一年間で

あなたの器が一気に広がったり、仕事や恋愛、そのほかさまざまな活動が大きく成長する暗示があります。仕事が急速に発展する、自分で起業する、出会いが増える、ネットワークが広がるなどなど。いわば、あなたという人間が一気に拡大するのです。太陽や水星、金星といった早い速度で移動する星とはまた違った大きな影響を与えるというわけです。

ただ、この一ヶ月弱はまだその幸運期の訪れの予兆といった感じになりそうです。この流れが大きく勢いを得る前に木星が逆行を始めてしまうからです。あなたという人間が拡大して、木星の幸運を受け止める時期は、2021年の年末から本格的に訪れることになりそうです。

②6月21日〜7月28日:必要のない自分を削ぎ落とす期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。幸運を授かる旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、すでに自分には必要のない関係性かもしれません。もう所属すべきではないグループや組織かもしれません。これまで身につけた言葉、あるいは技術が、もういまの時代には通用しないことを感じるできごともあるかもしれません。

木星が逆行して最初の一ヶ月半、あなたは自分の存在を世界に響かせるために、これまで身につけた人間関係、所属する場所やグループを削ぎ落としていく経験をするはずです。あるいは、いままで自分のアイデンティティとなっていた能力や技術などを手放すことがあるかもしれません。ときに、それは痛みを伴うことがあります。すでに身についていることを捨てるには大きなエネルギーが必要だからです。この期間は自分がなにを大切にしたいのか、どこに行きたいのか、そしてどこに誰と居たいのか、など、どんどんシャープに研ぎ澄まされていくことをイメージするのが大切です。喪失の悲しみではなく、必要なことが絞られていく喜びを見出すことです。そして、木星の逆行は一般的にあまり直接の影響は感じないものなので、失うことを気にし過ぎてはいけません。

③7月28日〜10月18日:改めて”なりたい自分”を見出す期間

ここで、逆行する木星がひとつ前の星座、水瓶座に戻ります。あなたは「本来、手に入れるはずだった自分」がどこかにあったのではないか、といった不思議な思いを心に抱くことがあるかもしれません。

(残り1737文字)