あなたの運命

木星が射手座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、射手座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「世界との関係性が親密さを増していく」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「必要のないものや”縁”を削ぎ落とす」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「出会い損ねた人、獲得すべきだった言葉と巡り会う」

④10月18日〜12月28日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「言葉と縁の巡りが一気に拡大する」

⑤12月28日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「帰るべき場所を見出す」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:世界との関係性が親密さを増していく期間

木星は幸運、そして拡大をもたらす星です。5月14日から一ヶ月弱という短い期間ですが、木星はあなたが世界と親密になっていくように働きかけていきます。親密とは、心の通じ合う関係性ということ。世界があなたに味方するよう、あなたを取り巻く人、場所、環境に魔法をかけるような期間となっています。家族との関係が強まることもあれば、親密な友人との関係が深まることもあります。恋人同士の関係が恋愛を超えた愛情に深まることもありそうです。このように関係性が親密に深まっていくことで、周囲の世界がそれに合わせて姿を変えていきます。親密さが結婚へと繋がることもあるし、親密さが子供へと繋がることもあります。親密さはいまいるところを故郷と呼べる場所に変えることもあれば、親密さはいま関わっている仕事を天職と呼べるものへと導いていくこともあります。

たった一ヶ月弱の期間でしかないのですが、あなたの周囲との関係が強まることで、これから長い期間「変えるべき場所」を生み出すことがあります。あるいはその予感が訪れる、ということかもしれません。

親密さというのは時間をかけて育てるものなので、この短い期間にそれが十分に育つことはなさそうです。その萌芽、いわば親密さの「可能性の塊」のようなものは、この期間にあなたに植えつけられるはずですが、それが強く育つ前に木星が逆行を始めてしまう感じなのです。だからあなたは、いずれ訪れる親密さの広がりを、この期間ほんの少しだけ経験することになりそうです。

木星は幸運を運びます。そして、あなたに運ばれる「親密」とは幸運の可能性の塊であって、それが花開くときにはあなたが「居るべき場所」に導かれるはずです。それは仕事でも、恋愛でも、家族関係でもあり得るのですが、そこに居ることで新しい冒険に旅立つことができるような、基盤となる場所でもあるのです。

②6月21日〜7月28日:必要のないものや「縁」を削ぎ落とす期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、すでに自分には必要のない関係性かもしれません。もう所属すべきではないグループや組織かもしれません。これまで身につけた言葉、あるいは技術が、もういまの時代には通用しないことを感じるできごともあるかもしれません。

(残り2457文字)