あなたの運命

木星が蠍座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、蠍座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「拡大が包み込む強い幸運期、その予兆」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「必要のないものや”縁”を削ぎ落とす」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「自分の所属すべき場所と再会する」

④10月18日〜12月28日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「新しい日常の土台となる”縁”が一気に充実する」

⑤12月28日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「楽しさが拡大して、あなたを包み込む強い幸運期へ」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:拡大が包み込む強い幸運期、その予兆期間

木星は拡大を司る星で、ものごとを一気に広げるという役割を持っています。よく木星は幸福の星と呼ばれますが、それは木星がものごとやお金やポジティブな感情などを拡大することで人々を幸福に導くことからです。雑誌などの占いで「今年一番運勢がいい星座」といった企画がありますが、このような年間スパンの幸運度を占うにあたって最も重視されるのが木星といえます。

5月14日から一ヶ月弱という短い期間ですが、木星はあなたの「楽しさ」を一気に拡大していきます。いわば幸運期の到来! といったところです。「楽しさ」が拡大していくというのはハッピーで楽天的なイメージであり、もちろんそれで間違いではないのですが、もう少し詳しく説明してみます。この「楽しさ」の拡大とは、「創造性」の拡大ともいい換えることができます。ここでいう「楽しさ」とは、なにもせずにただ楽しいといったタイプのものではないからです。実際、努力もなにもせずにいろんなものが手に入ったとしても、そこには喜びがまったくないはずです。

「楽しさ」とは、自ら世界に働きかけることでそこから価値を見出すことにあります。働きかけること、あるいは与えることが大切なのです。私たちをとりまく世界は可能性に満ちていて、自然も、社会も、人も、それぞれがまったく違う個性と可能性を持っています。「世界に働きかける」とは、他人も含め、自然、もの、情報、場所などにあなたがアプローチすることで、そこから価値を引き出す行為なのです。

たとえば、工芸家は自然の素材に働きかけることで美しい作品を生み出します。起業家やビジネスパーソンは市場に働きかけることによってお金を生み出します。音楽家は世の中に無数に存在する音に働きかけて、美しい音楽を生み出します。恋人同士は相手の心に働きかけて、お互いの間に多彩な感情を生み出します。夫婦はお互いに働きかけて、子供を生み出します。

このように、恋愛や仕事を問わず、あなたが世界に働きかけて与えることで、世界から大きな喜びを見出す期間が始まろうとしています。ただ、この一ヶ月弱はその訪れの予兆といった感じになりそうです。流れが大きくなる前に木星が逆行を始めてしまうからです。あなたは2021年の年末から本格的に訪れる「楽しさ」の拡大を、5月14日から少しだけ経験することになります。

②6月21日〜7月28日:必要のないものや「縁」を削ぎ落とす期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、すでに自分には必要のない関係性かもしれません。もう打ち込むべきではない仕事かもしれません。これまで身につけた技術、人脈、あるいは言葉などが、いまの時代には通用しないことを感じるできごともあるかもしれません。

(残り2518文字)