あなたの運命

木星が天秤座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、天秤座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「新しい日常の訪れ、その予兆」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「逆行により日常の形を探る」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「失われた仕事や恋愛の喜びを見出す」

④10月18日〜12月28日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「出会うはずだった喜びを再び手に入れる」

⑤12月28日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「手に入れた喜びが新しい日常を形作る」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:新しい日常の訪れ、その予兆期間

木星は幸運、そして拡大をもたらす星です。5月14日から一ヶ月弱という短い期間ですが、木星はあなたの日常、特に仕事関係に大きな拡大、そして幸運をもたらす流れに入ります。あなたはこの期間、仕事が忙しくなりそうですが、それは確実にポジティブな傾向です。一つひとつの仕事から新たな価値がポコポコ生み出されるイメージ、たとえばいま関わっている仕事相手から数珠繋ぎのように新たなプロジェクトが生まれる、あるいは新たなクライアントを紹介してもらう、などが起こり得るときです。逆にいま仕事がない、あるいは転職をしたいと考えている人にとっては、新しい職業との巡り合いもありうる期間です。

木星はものごとを拡大させていく星です。木星は幸運を導く星と呼ばれますが、ものごとやお金、仕事、感情などを拡大することで人々を幸福に導くことからそう呼ばれるのです。雑誌などの占いで「今年一番運勢がいい星座」といった企画がありますが、このような年間の幸運度を占うにあたって最も重視されるのが木星だといえます。その木星があなたの日常、そして仕事を一気に拡大していく流れに入るのがこの期間となっています。

たとえば、毎日の仕事をするなかで「出会い」が訪れるかもしれません。

出会いとは仕事上の人や情報、企画との出会いに限らず、それは恋愛に通じる出会いとなることもあります。退屈だと思っていた仕事であっても、こういった出会によってそこに埋まっている宝石を発見できるものです。このような出会いや発見によって、あなたの仕事や日常は大きくアップデートされるはずです。一年くらいのスパンで「天職」との巡り合いすらあり得る期間となっているのです。

とはいえ、この一ヶ月弱に訪れるのはあくまでその予兆といった感じになりそうです。拡大の流れが大きくなる前に、木星が逆行を始めてしまうからです。あなたは2021年の年末から本格的に訪れる仕事と日常の拡大を、5月14日から少しだけ経験することになります。

②6月21日〜7月28日:逆行により日常の形を探る期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、長い期間過ごしていくうちに溜まった無駄なルーティン、意味がないと知りつつ続けている作業、あるいはもうそこにはひとつも宝石が埋まっていないと悟ってしまったいまの仕事そのものかもしれません。

(残り2817文字)