あなたの運命

木星が蟹座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、蟹座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「新しい世界から誘われる予感」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「未知の世界を見定める」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「自分の中に深く潜る」

④10月18日〜12月29日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「”なにか”をきちんと終わらせる」

⑤12月29日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「新しい世界に働きかけることで価値を生み出す」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:新しい世界から誘われる予感

5月14日から一ヶ月弱という短い期間ですが、あなたのなかでは「新しい世界」がその存在を拡大していくことになっています。「遠くの世界」と表現してもいいでしょう。簡単に説明すると、いままで遠くに見えていて手に入らないと思っていた場所や人が、どんどん自分に近づいてくる流れに入っていくのです。

木星のもたらす拡大の力によって蟹座タイプのあなたは、日常を超えた「遠い」「高い」世界との結びつきが強まっていくことになります。「高い」場所とは、

日々の生活や仕事を超えたような世界のことを表します。たとえば、経済を超えた場所にある奉仕であるとか、科学を超えた場所にある哲学やスピリチュアリズムなどといった感じで、俗世を超えたような気高い世界のことです。そして「遠い」場所とは、具体的に距離の遠い海外であるとか、あるいはこれまで接点のなかった場所や人、これまで興味を持てなかった趣味などです。物理的、心理的を問わず「距離を感じる」という表現がしっくりくることがらです。

あなたの運命は、これから遠く高く飛び立つことになっています。それは身近な例でいうと、とても手が届かないと思っていた人と縁ができることかもしれないし、自分には無理だと思っていた職業につけることもあり得ます。木星の力によって、いままで遠かった存在があなたのなかでどんどん拡大していく流れとなっているのです。

とはいえ、この一ヶ月弱に訪れるのは、あくまでその予兆といった感じになりそうです。拡大の流れが大きくなる前に、木星が逆行を始めてしまうからです。あなたは2021年の年末から本格的に訪れるこの「新しい世界」、「遠い世界」との遭遇を、5月14日から少しだけ経験することになります。

②6月21日〜7月28日:未知の世界を見定める期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。遠くの世界に向かって旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、惰性で続いている関係性、長い期間過ごしていくうちに溜まった無駄なルーティン、意味がないと知りつつ続けている作業、あるいはもうそこにはひとつも宝石が埋まっていないと悟ってしまったいまの仕事そのものかもしれません。

6月21日からの木星逆行の最初の一ヶ月半、あなたは新たな旅立ちに向け、集中すべきことを見出すためにこれまで身につけた人間関係、仕事、あるいは日常そのものを削ぎ落としていく経験をするはずです。いままで自分のアイデンティティとなっていた仕事、あるいは能力や技術などを手放すこともあり得ます。親密だった関係性や長年過ごしてきた場所と別れることもあるかもしれないのです。そしてそれらは痛みを伴いがちです。日常を過ごすことで自分の身体の一部となっているものごとと別れるには大きなエネルギーが必要だからです。

この期間は「どこに行きたいのか」、そして「将来どんな自分になりたいのか」と、どんどんシャープに研ぎ澄まされていく自分をイメージすることが大切です。喪失の悲しみではなく、必要なことが絞られていく喜びを見出すことです。また、木星逆行の影響は一般的にあまり直接は感じられないものなので、失うことを気にし過ぎてもいけないのです。

③7月28日〜10月18日:自分の中に深く潜る期間

ここで逆行する木星がひとつ前の星座、水瓶座に戻ります。あなたは①でお伝えしたような遠くへの旅立ちの前に、「自分自身に改めて出会う必要がある」といった不思議な思いを心に抱くことがあるかもしれません。

(残り1917文字)