あなたの運命

木星が双子座タイプに与える幸運と拡大(5/14〜2022.5/11)

逆行を挟むことで生まれる五段階の幸運、そして拡大の流れ。

木星が魚座に滞在する期間は、5月14日から2022年5月11日までの一年間。ただこの期間内、木星は逆行をすることでひとつ前の水瓶座に一時的に戻ってしまいます。これにより、双子座タイプのあなたに訪れる幸運と拡大の流れは、以下のとおり五つの期間にわかれることになります。

①5月14日〜6月21日;木星が魚座に滞在する期間「収穫の予感の訪れ」

②6月21日〜7月28日;木星が逆行をする期間「自分のこれまでの道のりを見定める」

③7月28日〜10月18日:木星が逆行をして、水瓶座に戻る期間「辿り着くべき場所を見出す」

④10月18日〜12月28日:木星が逆行を終え、再び水瓶座を順行する期間「新たな道を見出す」

⑤12月28日〜2022年5月11日:木星が再び魚座に滞在する期間「これまでの努力が実る、階段をひとつ上がる」

以下、それぞれ順を追って説明していきます。

①5月14日〜6月21日:収穫の予感の訪れ

木星は拡大を司る星で、ものごとを一気に広げるという役割を持っています。よく木星は幸福の星と呼ばれますが、これは木星がものごとやお金、感情などを拡大することで人々を幸福に導くことからそう呼ばれるのです。雑誌などで「今年一番運勢のよい星座」といった企画がありますが、基本的にこれは木星を中心に判断することが多いものです。ゆっくりなペースで12星座を移動して人々に幸運と発展を授けるというハッピーでわかりやすい、まるでサンタクロースのような星が木星なのです。

そして5月14日に木星が魚座に滞在することで、双子座タイプのあなたは社会的な達成がもたらされる運気となっています。特に仕事関係に大きな追い風が吹くことが予想されます。

お伝えしたように、木星は幸運と拡大を司ります。これは、たとえばあなたが現在行っている仕事を拡大することもあるし、そこから得られる利益を拡大することもあり得ます。あるいはそこで繋がる人が拡大することもあるし、そこで得られる栄誉が拡大することもあるでしょう。このように、仕事といってもさまざまな側面がありますが、あなたが望む方向性の拡大に木星が力を貸してくれる期間と考えていいようです。

一方で、現在仕事をしていない人にはこの影響はないかというと、そうではありません。

お伝えしたように、今回の木星は双子座タイプに「社会的な達成」を導きます。これは仕事でなくても、たとえば、学校や地域のコミュニティなどといった社会的な関係性のなかであなたがなにかを達成し、それにより注目されると理解すべきものです。社会的な階段を一段登るような、晴れやかで誇らしい流れに入っていくのです。

とはいえ、この一ヶ月弱に訪れるのは、あくまでその予兆といった感じになりそうです。拡大の流れが大きくなる前に木星が逆行を始めてしまうからです。あなたは2021年の年末から本格的に訪れる仕事とや社会的な幸運期を、5月14日から6月21日までの期間で少しだけ経験することになります。

②6月21日〜7月28日:自分のこれまでの道のりを見定める期間

①で生まれた流れが強くなる前に、あなたは自分がすでに必要としていないことをたくさん持っていることに気づくかもしれません。新しい旅に出るには身支度をきちんと準備しなければならず、限られた荷物のなかでなにを持っていくかが重要となります。それは、長い期間過ごしていくうちに溜まった無駄なルーティン、意味がないと知りつつ続けている作業、あるいはもうそこにはひとつも宝石が埋まっていないと悟ってしまったいまの仕事そのものかもしれません。

(残り2544文字)