あなたの運命

水星が蠍座タイプに与えるコミュニケーション運(5/4〜7/12)

逆行を挟むことで生まれる、三段階のコミュニケーションのドラマ。

今回、水星が双子座に滞在するのは5月4日から7月12日まで。途中で逆行期間を挟むことにより、ふだんの三倍以上という期間を双子座で過ごすことになります。そのため、蠍座タイプのあなたのコミュニケーションが辿る道筋は、以下の三つの期間に分かれます。

①5月4日〜5月30日:水星が双子座に滞在する期間
②5月30日〜6月23日:水星が逆行して「蝕の季節」と重なる期間
③6月23日〜7月12日:逆行を終えた水星が改めて順行する期間

それぞれの期間があなたに与える影響を、順を追って説明していきます。

①5月4日から5月30日:水星が双子座に滞在する期間「新たな形のコミュニケーションが生まれる」

今回、双子座に滞在する水星はふだんより強い力で、あなたのコミュニケーションに影響を与えていきます。

水星は双子座の守護星です。逆にいうと、双子座は水星のホームグラウンドなのです。どの星もこういった「ホーム」を持っているのですが、星は「ホーム」に滞在する期間その力が一気に強くなります。いわば実家に帰ってリフレッシュした状態なので、人々に与える影響も通常より大きくなるのです。

この期間、水星は蠍座タイプのあなたのコミュニケーションを深く、深くへと進ませるイメージが浮かびます。深い世界、深い心、深い人々などに言葉や企画、そして想いなどが届いていく期間のようです。いまの社会の流行や注目されている人や現象などではなく、その裏側に蠢いているものに向かって、あなたのコミュニケーションが伸びていくのです。あなたはいま、「表」よりも「裏」に導かれる傾向にあります。「表」の世界とは水面に出ている氷山の一角と考えてください。水面下にはその何倍もの深く広大な氷の塊が存在しているものです。言葉の印象はよくないかもしれませんが、「裏」の世界とはこのように「表」を支える広大な世界のことを言います。だから、この期間の蠍座タイプの言葉はこの広大な水面下の世界を巡っていくとイメージしてください。そして、そこで巡らせたコミュニケーションは次第に「表」の世界にも影響を与えていくと知ることは大切です。

(残り2166文字)