あなたの運命

太陽が蟹座の人に与える土台の運勢(2/18〜3/20)

遠くから訪れる未知の縁が、あなたの「何か」を動かし始める。

2月18日に太陽が魚座に移動します。太陽はそのまま3月20日までの1ヶ月を魚座に滞在し、人々の基盤となる運気を形作っていきます。

太陽は占星術的には特別な星で、人々のベースとなる運気を司る星と言われています。
例えば火星は情熱、水星はコミュニケーションなど、それぞれ星が司る運命ジャンルがありますが、太陽が司るのは人々や世の中の基盤となる運勢です。そしてこれからの1ヶ月間、太陽が司るこの「基盤」の運勢は蟹座のあなたを「遠い場所」に誘うような働きをしていきます。
別の言い方をすると、太陽が蟹座に滞在することで蟹座のあなたは「遠い場所」との「縁」が繋がるという暗示があるのです。
遠い場所とは文字通り海外の場合もあります。実際に海外にいくわけでなくとも、海外のニュースや海外のアイテムなどと縁ができることもありえます。また、これは自分にとって「遠い」という意味合いもあります。普段関わってない人や趣味などとの縁ができたりもするのです。あるいは現実からの「遠さ」とも考えられ、哲学や思想、あるいは宗教やスピリチュアルなことがらと関係ができるケースもあります。

太陽はこの1ヶ月間、あなたに訪れるさまざまな出会いを「遠い場所」と関連付けて発展させる働きをするのです。

(残り1,220文字)