NEWS

「款冬華(ふきのはなさく)」の5日間です(1/20-1/24)

二十四節気「大寒」の初候は七十二候「款冬華(ふきのはなさく)」の5日間となります。

二十四節気で大寒、つまり一年で一番寒い季節に入ると同時に、七十二候では「款冬華」の時季を迎えます。
款冬は「かんとう」とも読みますがフキの花のこと。厳しい寒さの中、積もった雪の下から蕗の薹(ふきのとう)が顔を出し始める時季という意味です。
一年で最も寒さ厳しい時季に新たな生命の芽生えを見出す、というのはいかにも七十二候らしい姿勢です。まだ暑さ厳しい時に冬の訪れを伝え、世界が寒さで縮んでいるときに新たな始まりを教えてくれるのです。
季節も時代も運勢も常に巡っていくものだということを教えてくれます。

来月初めには二十四節気で立春を迎えます。