NEWS

「麋角解(さわしかのつの おる)」の5日間です(12/26-12/30)

二十四節気「冬至」の次候は七十二候「麋角解(さわしかのつの おる)」の5日間となります。

七十二候で「麋角解(さわしかのつの おる)」という時季に入ります。

麋(さわしか)とは大鹿のことで、トナカイの一種です。サンタクロースのソリを引く動物として有名なトナカイですが、クリスマスとともにこの「麋角解」の時季が始まるのは、なんだか不思議な偶然です。

冬が本格化して、大鹿の角が頭から抜け落ちる時期という意味。一年に一度生え変わる大鹿の角は春に生え始めて、冬に抜け落ちることを繰り返します。

冬至を迎え、物事は閉じていき、世界は生まれ変わりの期間に入ります。