あなたの運命

太陽が蟹座の人に与える基盤の運勢(12/21〜2021.1/20)

向き合うべき時。出会い運が高まり、何かを生み出す流れ。

12月21日から2021年1月20日の期間、太陽が山羊座に滞在します。
ただその前にお伝えしたいことがあります。2020年末に立て続けに起こっている強烈な星の動きについてです。

まず「蝕の季節」について。
11月30日の月蝕から「触の季節」に入り、12月15日には皆既日食が起こることで「触の季節」はピークを迎えました。この期間は運命が思わぬ方向に向かうことがあります。ちょっと大袈裟な表現ですが、パラレルワールドのように並行して走っている他の運命に急に入れ替わることもありえる時空なのです。「触の季節」が終わるのは12月30日の満月。それまでは(ピークが過ぎたとはいえ)「蝕」の力が充満しているので、不思議な出来事が起こる可能性があります。

さらに、12月17日には努力の星・土星が、12月19日には幸運の星・木星が次々に水瓶座に大移動をして、12月22日にはこの2つの星が20年ぶりに重なる「グレートコンジャンクション」が起こります。これは200年スパンの時代の変化、「地の時代」から「風の時代」への変化を告げる現象でもあります。

2020年の年末年始、星は異様な密度で運気を発しているのです。そして蟹座のあなたの運勢も大きく動く時です。

ただ、足元の現実に関しては太陽がもたらす運気がしっかりと働いていることを忘れてはいけません。蝕による運命の反転、あるいは200年スパンの時代の変動、といったまるでファンタジー小説のような出来事があるとしても、太陽は1ヶ月間の「基盤」となる運気、足元の運気をしっかり整えていくのです。

占星術的には太陽は特別です。
例えば火星は情熱、水星はコミュニケーションなどそれぞれ星が司る運命ジャンルがありますが、太陽が司るのは人々や世の中のベースとなる運勢と言えます。恋愛運や金運などと特定のことを主に司るのとは違って、それら個別の運勢の基盤となっているような運勢に影響を与えるのです。だから時によってはその影響を感じにくいこともあります。ただ、その人の運気を支え、その人を世の中で輝かせるために太陽は働きます。そう言う意味でとても特別な星なのです。

12月21日に太陽は山羊座に移動します。そして、2021年1月20日までこの星座に滞在することになります。この1ヶ月間の太陽が蟹座のあなたに与える運気は、一言で言うと「向き合う」流れです。

(残り1,044文字)