NEWS

「橘始黄(たちばな はじめてきばむ)」の5日間です(12/2-12/6)

二十四節気「小雪」の末候は七十二候「橘始黄(たちばな はじめてきばむ)」の5日間となります。

七十二候で「橘始黄(たちばな はじめてきばむ)」という時季に入ります。

橘(たちばな)は、古くから日本に自生している固有の柑橘類で、ヤマトタチバナ、ニホンタチバナなどの別名でも呼ばれる一方で、柚子やレモン、みなかんなどの柑橘系の総称でもあります。

この橘の実が黄色く色付く時季となっています。

橘の葉は常緑樹であることから、不老長寿を象徴するものとありがたがられ御神木として宮中などに植えられてきたもの。そんな不老不死とされる樹木ですが、あえて(?)この寒い冬の季節に実を熟すということからは、学ぶべきことがあるように思えるのです。