あなたの運命

蝕の季節が射手座の人に与えるもう一つの運命(11/30〜12/30)

性別、年齢、関係性は問わない「可能性」そのものとの出会い。


月蝕とは満月が地球の影に隠れることで「喰われる」ように見える時。
日蝕とは太陽が新月と重なることで「喰われる」ように見える時。

占星術的に「蝕」の解釈についてはざまざまな考え方がありますが、法則に則った月や星の動きを読み解く普段の占星術とは違う解釈がされることが多いものです。そして多くはそこに「急激な」という意味を見出しています。なにしろ太陽や月が瞬間的に「喰われる」のです。なにか不思議な力が一気に噴出する暗示を見出すのも無理はありません。

急激な変化。急激な進行。急激な運命の露呈。

いろんな表現の仕方がありますが、じっくりと動いている運命が急激に反転するような激しさが、やはり「蝕」の特徴であると言えます。
11月30日から12月30日まで、月蝕と日蝕が交互におとずれる「触の季節」に入ります。
いま現在進行している運命が急激に反転する時期。あるいはもう一つの運命が急激に押し寄せてくる時期です。

運命学の一つの考え方に、現実や運命は一つではないという思想があります。いま私たちが経験している世界は多くの可能性の中から選び取られた一つであって、これ以外にもたくさんの現実や運命が並行して進んでいるという考えです(パラレルワールドと言われることもあります)。
そして「蝕の季節」が導く運命とは、現在進んでいる運命とは違う場所で進んでいるもう一つの運命です。あなたの人生に急に別の運命が入り込んでくる、あるいはいま生きている現実が急に反転する。「蝕」とはそのような現象を起こす可能性があるのです。

そしてこの別の運命がどのようにあなたの人生に侵入してくるかは、実はよくわからないのです。
人によっては「蝕の季節」に現在の運命が全面的に反転する可能性があります。
人によってはその影響をまったく感じない人もいます。
そして「蝕の季節」には何の変化も訪れないけれど、それが終わったあと半年以内の期間にこのストーリーが訪れる場合もあるのです。
このように予測不可能であることも「蝕」の一つの特徴です。
だから今回、「蝕の季節」が射手座のあなたに与えうる影響を少しぼんやりしたストーリーで、以下お伝えすることにします。

(残り1,719文字)