あなたの運命

蝕の季節が蠍座の人に与えるもう一つの運命(11/30〜12/30)

深く潜りきった時、冬至を迎えた太陽がすべてを照らす。

心の奥深くまで潜りきった瞬間、月と太陽が運命を反転させる。
「蝕の季節」とは11月30日の月蝕から12月15日の日蝕を経て、12月30日の満月に至るまでの1ヶ月の期間をいいます。
月蝕は満月と同時に起こるものです。日蝕は新月とともに起こるものです。
そして蠍座のあなたにとって、今回の「蝕の季節」は一つの旅立ちのストーリーを浮かび上がらせます。

運命論の一つの考え方として、いま私たちが体験している現実はあくまで可能性の一つにすぎないという思想があります。これをものすごく単純化して言うと、いまの現実と並行して違う現実が同時に存在している可能性がある、ということになります。
「蝕」にはさまざまな解釈がありますが、SOLARITAはこれを表と裏の運命が入れ替わる可能性のある期間、と考えています。月蝕や日蝕を繰り返す「蝕の季節」というのは、太陽や月が「反転」して別の運命があなたの人生に侵入してくる可能性がある時なのです。

(残り1,767文字)