あなたの運命

金星が獅子座の人にもたらす「ときめき」のカタチ(11/21-12/16)

あなたの”内側”が輝く時。改めて親密さに導かれる。

11月21日から12月16日まで、「ときめき」を司る星・金星が蠍座に滞在します。

金星は触れる世界を新鮮に輝かせ、蘇らせる働きを持った星です。金星はよく恋愛を司ると言われますが、これは人々の関係性に新鮮さをもたらすことで「好き」という感情を生じさせる星だからです。「好き」の対極にあるのは「嫌い」ではなく「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係や物事、仕事などを新鮮に輝かせたり蘇らせるたりすることにより、ハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。

そして獅子座のあなたはこの約1ヶ月間、「ホーム」という言葉で表現されるような人や場所、ものごとに「新鮮さ」を見出し、そこから「ときめき」や「好き」という感情が芽生える流れとなっています。