あなたの運命

金星が双子座の人にもたらす「ときめき」のカタチ(11/21-12/16)

日々の仕事に”ときめき”を感じることで日常が輝く時期。

11月21日から12月16日まで金星が蠍座に滞在します。
金星は「好き」や「ワクワク」といった感情を司ります。金星の働きは計画的でも打算的でもなく直感的なもので、夢中で打ち込んでいるうちに遠い場所までたどり着く、といったことが金星の影響によって起こり得るのです。
そしてこの約1ヶ月の滞在期間、双子座の人にとってのテーマは「日々の日常や仕事に”ときめき”を取り戻す」といったことになります。

金星は世界を「新鮮に」蘇らせる力を持っています。
金星はよく恋愛を司ると言われますが、これは人々の関係性を新鮮にすることで「好き」という感情を生じさせる働きをするからです。「好き」の対極にあるのは「嫌い」ではなく「無関心」や「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係や物事、仕事などを「新鮮に蘇らせる」ことにより、ハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。そして双子座の人はこの1ヶ月弱、日々の仕事に「新鮮さ」を取り戻す時期となっているのです。