あなたの運命

水星が牡牛座の人に与えるコミュニケーション運(9/27-12/2)

途中の逆行を経て手に入れる、新たなコミュニケーションの形。

①9月27日から10月14日:水星が蠍座に滞在する期間
「新たな形のコミュニケーションが生まれかける」

この約2週間の牡牛座のあなたは、いま「正面から向き合わなければならない」と感じる人物がいるならば、全力で対峙するべき時となっています。それが恋人であれば真摯に自分の気持ちを伝える。不満があれば隠さず共有する。それがライバルであれば、全力で追い越す努力をする。それがクライアントであれば力を込めた企画を提出する、などなど。つまり真剣なコミュニケーション、言葉が必要となる時期であり、そのための力が水星から注がれる時なのです。
これは人でなくても同様です。真剣に対峙しなければならない仕事上のプロジェクトということもありえます。ただ、それがポジティブな状況につながるには、まだ少し時間がかかりそうな気配です。

②10月14日から10月28日:水星が蠍座で逆行をする期間
「新たな形がいったん崩れはじめる、溶け始める」

①で働きかける人や対象とのコミュニケーションが、うまく進まなくなりがちです。あるいは、そもそも①で説明しているような出会いが訪れなかった人もいるはずです。水星逆行によるコミュニケーションの不調とは、すでにあるものが崩れ始めることもあるし、そもそも出会うべき人や対象と出会えないということもあります。この2週間、誤解やトラブルといった悩みを抱える人もいるかもしれないし、「何も起きない」という状態に疲れてしまう人もいるかもしれません。
ただ大切なのは、正しい運命が鳴り響くように水星が調整期間に入ったと理解することです。この2週間は、あまり動くべきではない時なのです。

③10月28日から11月4日:水星が天秤座で逆行をする期間
「9月中にやり忘れた課題、出会いそこねた人や情報と出会う」

②に関連したコミュニケーション上の葛藤や不調が、少し形を変えていくかもしれません。10月28日からの約1週間では「過去との出会い」というキーワードが浮かぶのです。

それは9月中に出会った人、あるいは出会えなかった人と再び出会うということかもしれません。また人ではなく情報や土地、物語や音楽との再会いということもありえます。
①でお伝えした「向き合うべき人」に心当たりがない人は、この時期に不思議な再会を経験する可能性がありそうです。水星が逆行して一つ前の星座に戻る時、そこには「過去との出会い」という課題が生まれます。逆行には「運命を巻きなおす」という作用があるのです。

④11月4日から11月11日:水星が逆行を終えて、天秤座に滞在する期間
「9月中の課題を改めてやり直す」

この1週間は、③で出会った過去、あるいはトラブルなどが一転してあなたの状況を好転させる暗示があります。9月中に出会い損ねた人、もの、情報、場所、コンテンツ、感情などと改めて出会いなおすことで、あなたは貴重な関係を手に入れることがありえます。前に観た映画を改めて見ることで、いまの自分の気持ちに整理がつく。過去に手に入れた情報を改めて見直してみると、いまの仕事を進める重要なヒントを発見する、などなど。そして、ここ最近で再会した人、あるいは気になる人が出現しているなら、その人と積極的に関わってみるのがよさそうです。

⑤11月11日から12月2日:水星が2回目の蠍座滞在をする期間
「後戻りやトラブルなどを経て①の新たなコミュニケーションの形がしっかりと形作られる」