あなたの運命

水星が天秤座の人に与えるコミュニケーション運(9/27-12/2)

途中の逆行を経て手に入れる、新たなコミュニケーションの形。

①9月27日から10月14日:水星が蠍座に滞在する期間
「新たな形のコミュニケーションが生まれかける」

この約2週間、天秤座のあなたの仕事運を後押しするように働きます。社会的コミュニケーションが速く大きく巡るように、あなたの言葉が人々に届きやすくなるように、この期間の水星は働くのです。
いまだコロナの影響は大きく社会を覆っています。外出する機会も少なくリモートワークの人も多いと思いますが、星の働きはこういった現実世界を前提として働いていきます。人と会うことがなくなってもオンラインを通じて情報はやってきます。直接会ってプレゼンすることができなくても、メールで送った企画書はさまざまな人々に共有されます。
水星はあなた自身に働きかけるというより、あなたの企画、あなたの言葉に働きかけるものです。

②10月14日から10月28日:水星が蠍座で逆行をする期間
「新たな形がいったん崩れはじめる、溶け始める」

①で説明した仕事上でのコミュニケーションがうまく進まなくなりがちです。この2週間は誤解やトラブルといった悩みを抱える人もいるかもしれないし、あるいは「何も変わらない」という状態に疲れてしまう人もいるかもしれません。これは典型的な水星逆行の影響です。言葉がうまく噛み合わなくなり、思い違いやすれ違いが日常の生活を揺るがしていく時なのです。
ここで大切なのは、こういったトラブルは正しい運命が鳴り響くように水星が調整期間に入ったと理解することです。あるべき日常にたどり着くために、水星が工事をしていると考えてください。
ただこの期間、太陽はあなたの星座である天秤座に滞在しています。いわばあなたの季節のラストスパート期間です。水星逆行による影響で、ちょっとしたがたつきはありそうなのですが、言葉や企画をあなた自身の外にできるだけ吐き出すこと、アウトプットすることは重要です。まず吐き出して、様子を見るといった感じで進めてください。

③10月28日から11月4日:水星が天秤座で逆行をする期間
「9月中にやり忘れた課題、出会いそこねた人や情報と出会う」

②に関連したコミュニケーション上の葛藤や不調が、少し形を変えていくかもしれません。10月28日からの約1週間では「過去との出会い」というキーワードが浮かぶのです。それは9月中に出会った人、あるいは出会えなかった人と再び出会うということかもしれません。また人ではなく情報や土地、物語や音楽との再会いということもありえます。特にそれは、天秤座のあなたに喜びを与えていたものとの再会になりそうです。
水星が逆行して一つ前の星座に戻る時、そこには「過去との出会い」という課題が生まれます。逆行には「運命を巻きなおす」という作用があるのです。

④11月4日から11月11日:水星が逆行を終えて、天秤座に滞在する期間
「9月中の課題を改めてやり直す」

この1週間は、③で出会った過去、あるいは誤解やトラブルなどが一転してあなたの状況を好転させる暗示があります。