あなたの運命

金星が蠍座の人に注ぐ「ときめき」とは(10/28-11/21)

「蠍座の季節」の真っ只中、出会うべきだった人との出会い。

10月28日から11月21日まで、金星が天秤座に滞在します。

いま太陽は蠍座に滞在しています。つまり、蠍座であるあなたの季節が訪れているのです。
太陽は1年をかけて12星座を1周する旅を続けています。ある人が生まれた時に太陽がいた場所に再び太陽が巡ってくることを「ソーラーリターン」といいます。これは約1年の旅を終えた太陽が自分の故郷に戻ってくることで、その人が1つ年齢を重ね、新たに生まれ変わることを意味します。つまりあなたにとって、11月22日までの太陽が蠍座に滞在する期間はとてもパワフルな状況となっているのです。

そんな中、10月28日からの20日間、金星はあなたを不思議な、ある種「この世を超えた世界」に誘う流れになっています。基本的には太陽による強力な運気があなたに注がれている時期なのですが、金星はなかなか複雑というか不思議な影響をあなたに与えるようです。

金星は世界を「新鮮に」蘇らせる力を持っています。
金星はよく恋愛を司ると言われますが、これは人々の関係性を新鮮にすることで「好き」という感情を生じさせる働きをするからです。「好き」の対極にあるのは「嫌い」ではなく「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係や物事、仕事などを「新鮮に蘇らせる」ことにより、ハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。

金星はこれから20日間で、あなたを不思議な出会いに導くように働きます。
そして金星の働きに関連して、もう一つあなたにとって重要な星の動きをお伝えします。

(残り615文字)