NEWS

「白露(はくろ)」の季節に入ります(9/7-9/21)


二十四節気で「白露(はくろ)」を迎えました。

猛暑もようやくピークを越え、次第に秋らしい気候が包んできています。
昼夜の寒暖差が大きくなり、夜中に気温が下がることで早朝の草花に露が付きはじめる時季です。この露は湿度を含んだ空気が、夜の冷気に触れることでできる水滴なのです。

江戸時代に編纂された暦の注釈書である『暦便覧』では、「陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也」と説明しています。寒さがようやく肌に感じられるようになり、草花についた朝露が朝もやの中で白く輝く、という意味になります。

占星術的には、いま太陽が乙女座に滞在する「乙女座の季節」を迎えています。
乙女座の季節は、前半が「処暑」、後半が「白露」と重なる期間。夏の勢いが収まっていき、陽から陰へと季節が変化していく美しい時期です。それは占星術における乙女座の意味とも重なるのです。

「白露」の季節を終えると、「秋分」を迎えます。彼岸と此岸が繋がるスピリチュアルな季節が迫っています。