あなたの運命

金星が牡牛座の人に与える「ときめき」(9/6-10/3)

慣れすぎてしまった関係性が生き生きと蘇る、そんな期間。

牡牛座のあなたにとって獅子座という星座は、「ホーム」とでも表現できる場所です。
生まれ育った場所であってもそこに反感や窮屈さを感じ、遠くに旅立つことがあります。でも、心の中にある「ホーム」は次第に大きな存在となり、道を見失った時には戻るべき場所としてあなたを暖かく迎えてくれることになるでしょう。獅子座という星座はあなたにとってこういった「ホーム」のような星座なのです。
そして金星が獅子座に滞在する約1ヶ月は、あなたと「ホーム」の関係に「ときめき」や「ワクワク」という感情が湧き起こる時です。

金星は触れる世界を新鮮に輝かせ、蘇らせる働きを持った星です。金星はよく恋愛を司ると言われますが、これは人々の関係性に新鮮さをもたらすことで「好き」という感情を生じさせる星だからです。「好き」の対極にあるのは「嫌い」ではなく「マンネリ」です。金星はさまざまな人との関係や物事、仕事などを新鮮に輝かせたり蘇らせるたりすることにより、ハッピーな感情を沸き起こす役割を持った星なのです。そして牡牛座の人はこの約1ヶ月間、「ホーム」から連想されるような人や場所、ものごとに「新鮮さ」を見出し、そこから「ときめき」や「好き」という感情が芽生えるのです。
それは例えば、