NEWS

「綿柎開(わたのはなしべひらく)」5日間です(8/23-8/27)

二十四節気「処暑」の初候は七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」の5日間となります。

二十四節気で「処暑」を迎えると同時に、七十二候では「綿柎開」という時季に入ります。
「柎」とは花の「がく」のことを言います。綿の花は7月から黄色い花を咲かせて実をつけますが、そこから白いフワフワとした「綿毛」がはじけるように生まれるのがいまの時期ということです。
この真っ白な綿毛のかたまりが綿花、英語でコットンと呼ばれるもの。日本では綿花を目にすることはなかなかできないのですが、「和綿」という言葉があるように、日本の一部の地域では昔から綿花の栽培が行われてきました。

綿は私たちの生活に密着していて、そして身体にとても近い特別な植物です。