NEWS

「涼風至(すずかぜいたる)」5日間です(8/7-8/12)

二十四節気「立秋」の初候は七十二候「涼風至(すずかぜいたる)」の5日間となります。

二十四節気で「立秋」を迎えると同時に、七十二候は「涼風至」となります。
季節は少しずつ秋に向かい、涼しげな風が吹く時季という意味。いま一年で一番暑い季節を迎えており、気温も風もまだまだ暑いわけですが、そっと涼しい風が吹き抜ける瞬間も出てくる時季です。

真夏日の木陰などでスーッと涼しい風が吹き抜ける時、不思議な感覚に陥る人もいるはずです。別世界の存在がそっと何かを伝えようとしているような、ちょっとした神秘感覚とでも言えるような…風には何か不思議な力が宿っているように思えるし、夏に吹く涼風ほどその神秘性を感じさせる風はないように思えます。

風鈴はだから、その不思議な存在をより感じたいという人々の願いなのかもしれません。