NEWS

「小暑(しょうしょ)」の季節に入ります(7/7-7/21)


二十四節気で「小暑(しょうしょ)」を迎えました。梅雨が明けるとギラリと暑い「ニッポンの夏」を迎えます。

小暑の季節です。言葉の通りか、あるいは言葉と裏腹なのか、「小さい暑さ」という表現では追いつかないほど暑さが本格化していく時期です。この時季前後に梅雨が明け、太陽がギラギラと照りつける「ニッポンの夏」が訪れるのです。

二十四節気の流れでは、夏至→小暑→大暑→立秋となります。

小暑の前はの季節は夏至でしたが、実際はこの太陽が最も長く滞在するピークを超えてから暑さが本格化していくことになります。
そして小暑のつぎは大暑。暑さが小から大となることで、さらに手に負えない暑さ感が出てきますね。この2つの季節を合わせた1ヶ月は一年で一番暑い季節ということで「暑中」と呼びます。暑中見舞いを出すのもこの時季です。
その後、暑さがまだまだ圧倒的な中で「立秋」、つまり暦の上での秋を迎えるのです。なので、立秋以降の暑さは残暑と呼ばれます。

すでにさまざまな異常事態が訪れた2020年。この後もまだまだ予断を許さない状況です。これからの季節、強く照りつける太陽が世の中のさまざまな淀みを蒸発させることを祈りたいものです。