NEWS

「菖蒲華(あやめはなさく)」の6日間です(6/26-6/30)

二十四節気「夏至」の次候は七十二候「菖蒲華(あやめはなさく」の6日間となります。

乃東枯は二十四節気の夏至とともに始まります。
一年で昼間が最も長く、太陽の力がもっとも強まる時季です。

菖蒲が花を咲かせる頃です。
ここでは菖蒲はアヤメと読みますが、この漢字自体はショウブとも読みます。
また、「何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)」という言葉がありますが、これはアヤメはカキツバタとも似ていて、どちらも美しく優劣がつけにくいという意味があります。
アヤメ、ショウブ、カキツバタとなかなか紛らわしいことになっています。

ところで、それぞれの開花時期は5月上旬にアヤメ、5月中旬にカキツバタ、5月中旬から6月下旬にハナショウブという順番になります。
つまりここでいう菖蒲はアヤメと読みつつも、実際はハナショウブを指していると考えられているのです。(ショウブとハナショウブもまた異なっています)。

これら全ての花は似ていて紛らわしいのですが、花びらの根元に黄色い菱形の模様が入っていればそれはハナショウブです。