あなたの運命

「蝕の季節」が射手座の人に与えるもう一つの運命(6/6-7/5)

停滞と行き詰まりから、壊れることでやっと始まることがある。

「蝕の季節」とは、6月6日の月蝕、6月21日の日蝕を経て、7月5日の月蝕に到る1ヶ月の期間をいいます。
この期間、は満月が地球の影に隠れて「喰われる」月蝕と、太陽が新月に「喰われる」日蝕が交互に起こるのです。

月蝕は満月と同時に起こるもので、日蝕は新月とともに起こるものです。
たからこの「蝕の季節」は、満月→新月→満月、という流れでもあります。
占星術的には、満月は一つのサイクルの達成、そして新月は一つの「終わり」と新たな「始まり」を意味します。
今回の「蝕の季節」を読み解くと、これまでの半年間のサイクルの「終わり」と、今後半年間のサイクルの「始まり」が入り混じった期間ということができるのです。

もう一つ重要なことなのですが、月蝕や日蝕を繰り返す「蝕の季節」は太陽や月が「反転」する時です。
「蝕」にはさまざまな解釈がありますが、SOLARITAはこの期間を表と裏の運命が入れ替わる可能性のある期間、と考えます。
「表」の運命は今人々が歩んでいる現実の運命。そして「裏」の運命は現実とは違うもう一つの「可能性としての運命」とでも言えるものです。
太陽が月を「食らい」、月が太陽を「食らう」という現象は急激な変化を引き起こして、ものごとの位置関係を変えてしまうことがあるのです。

ただ、こういった「反転」の出方は人それぞれで、いろいろなことが一気に変わる人もいれば、ほとんど変化を感じないという人もいます。
「蝕」がもたらす影響はいろんな意味で不規則で読みづらいのです。

ここでは「蝕の季節」が射手座のあなたに与える影響を、一つのストーリーでお伝えします。
お伝えしたように「蝕」の影響を説明するのは難しく、ぼんやりしたストーリーでお伝えすることしかできません。そしてこのストーリーはあくまで可能性でしかないのです。ここから何を読み取るかは人それぞれとなると思いますが、あなたのその解釈に意味があると信じることが大切となるのです。

以下に、射手座のあなたのためのストーリーをお伝えします。

(残り1,668文字)