あなたの運命

「蝕の季節」が蠍座の人に与えるもう一つの運命(6/6-7/5)

「確かなもの」が太陽に溶けていき、新たな価値観が生まれる。

6月6日から7月5日まで、月蝕と日食が交互に訪れる「触の季節」に入ります。これは人々にとって運命が反転する可能性のある時期、と言えます。

月蝕とは満月が地球の影に隠れることで「喰われる」ように見える時
日食とは太陽が新月と重なることで「喰われる」ように見える時。

ふだんであればこれはサイクルの達成である満月と物事の始まりである新月という現象ですが、「触」を伴うことによって、現在進んでいる運命が「喰われる」ことになるのです。進んでいる運命がぐるりと「反転」することがあるのです。これが「蝕の季節」です。

「触の季節」が蠍座のあなたに与える運命の可能性は、はっきりと記述することはできません。お伝えできるのは、ぼんやりとしたストーリーだけです。
このストーリーは、いまあなたが歩いている現実とはかけ離れているかもしれないのですが、突然あなたの人生にこのストーリーが飛び込んでくるかもしれません。
また、人によっては6月6日からの1ヶ月ではなく、今後半年の期間の中で、人生にこのストーリーが飛び込んでくることもあります。このストーリーは、あなたにとっての「もう一つの運命」が凝縮されたものなのです。

それはこんなストーリーです。

(残り1,547文字)