NEWS

6月6日は月蝕。そして運命が反転する「蝕の季節」に突入します。


6月6日はストロベリー・ムーンと呼ばれる満月を迎えますが、この満月は月蝕を伴います。満月が地球の影によって「喰われる」ように見えるのが月蝕。この月蝕をもって、私たちは本格的に「蝕の季節」に入るのです。

「蝕の季節」とは約半年に一度訪れる「蝕」が連続する期間のことを言います。今回は

6月6日に月蝕(半影月蝕)
6月21に金環日蝕
7月5日に月蝕(半影月蝕)

と3つの「蝕」が連続して起こることになっています。

強調したいのは、今回の「蝕の季節」は特に強力だということです。
6月21日の金環日蝕の日には太陽が星座を移動し、太陽の力がグッと増すことになります。
そしてもう一つの理由として、この日に「夏至」を迎えることが挙げられます。夏至とは一年で一番日が長くなる日で、東洋思想でいう陰陽の「陽」が極まる時です。そして映画『ミッドサマー』でも描かれているように、世界中でこの日は宗教的に大きな意味があるとされています。

「蝕の季節」は1ヶ月間つづきますが、その中心にこの燃え盛る強力な太陽がいるのです。

では、この「蝕の季節」は運命学的に、私たちにどのような影響を与えるのでしょう?

実は「蝕の季節」の影響を詳しく説明するのは難しいことです。
月蝕は満月が地球の影で「喰われる」(欠ける)ことであり、日蝕は太陽が新月によって「喰われる」(欠ける)時です。
占星術的にいうと、一つのサイクルの達成である満月と、新たなサイクルの始まりの新月が交互に訪れるといういことではあります。ただ、ポイントは「喰われる」ことにあります。

満月が「喰われる」、太陽が「喰われる」とき、いま私たちが体験している運命が一気に反転する可能性があるのです。ここには二つの大きな意味があります。

私たちが日々過ごしている現実が「喰われる」。
星が織りなす占星術的な運命が「喰われる」。

つまり「蝕」によって、いま私たちが生きている現実に違う世界が挟み込まれたり、占星術的に予測されている運命が反転したり、ということが起こり得るのです。
お伝えしたように、今回の「蝕の季節」は特に強力な太陽を伴っています。
それは私たちの現実をギラリと強力に照らすことで、一気に違う現実を作り出す可能性を持っているのです。

とはいえ「蝕」の詳しい影響をお伝えすることは難しいものです。いまある現実の反転であったり、並行する現実が訪れたりとその影響が予測しずらいもので、また人に与える形もそれぞれ変わってきます。人によってはその影響を感じない場合もよくあります。

今回は「蝕の季節」がどのような影響を与えるかを、星座タイプ別ストーリーとしてお伝えしてみます。以下で紹介する星座別ストーリーに「蝕の季節」がもたらす「もう一つの運命」が凝縮していると考えてください。

※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人はSOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト

12星座別、「蝕の季節」が与えるもう一つの運命。

夏至と金環日蝕の力によって、自分の居場所に衝撃が走る可能性。

心の奥深くを潜りきった瞬間、強力な太陽が運命を反転させる。

女性にも男性にも年上にも年下にもなり得る「可能性」との出会い。

「出会い」と「別れ」が入り混じった、「可能性それ自体」の訪れ。

灼熱の太陽はその王座に就いて、強烈な喪失と再生の物語が始まる。

あなたとあなたの宝物の関係が、次の段階へと進む可能性。

強力な太陽があなたを照らし、人々を巻き込んで行くその先。

「確かなもの」が太陽に溶けていき、新たな価値観が生まれる。

停滞と行き詰まりから、壊れることでやっと始まることがある。

名前を失い、新たな名前を得て、新たな「縁」に飛び込む。

巨大な太陽があなたの過去を照らし、一人の人物が浮かび上がる。

現在の自分を越えようという「決意」があなたに降りてくる。