あなたの運命

「蝕の季節」が蟹座の人に与えるもう一つの運命(6/6-7/5)

「出会い」と「別れ」が入り混じった、「可能性それ自体」の訪れ。

日蝕も月蝕も、それがもたらす結果は良し悪しでは測れないものです。吉でも凶でもありません。
ただ「蝕」には社会や人々を揺り動かす強い力があります。

今回の「蝕の季節」は6月6日に半影月蝕、6月21日に金環日食、7月5日に半影月蝕という流れで推移していきます。この期間の「蝕」の力は、蟹座のあなたに一つの変革のストーリーを浮かび上がらせます。

このストーリーは現在あなたが歩んでいる現実の流れとは違ったもう一つの運命です。
また、現在の星の動きを占星術的に読み解いた運命とも違ったものでもあるのです。
「蝕の季節」はいま進んでいる運命とは別の可能性が生まれる期間。満月や太陽が「喰われる」ことで、それまで進んでいた運命が反転する可能性がある時なのです。

そしてこのストーリーがどのようにあなたの人生に侵入してくるかは、よくわからないのです。
人によっては「蝕の季節」に、現在の運命が全面的に反転する可能性があります。
人によってはその影響をまったく感じない人もいます。
そして「蝕の季節」には何の変化も訪れないけれど、それが終わったあと半年以内の期間にこのストーリーが訪れる場合もあるのです。

このように予測不可能であることも「蝕」の一つの特徴です。
だから今回、「蝕の季節」が蟹座のあなたに与えうる影響を、少しぼんやりしたストーリーで以下にお伝えすることにします。

(残り1,718文字)