NEWS

4月19日、太陽が牡牛座に移動し、混乱の中でも人々を前進させる。

4月19日に太陽が牡牛座に移動し、そのまま5月20日まで滞在します。

太陽は占星術的には特別な星で、人々のベースの運気となる星です。例えば火星は情熱、水星はコミュニケーションなど、それぞれ星が司る運命ジャンルがありますが、太陽が司るのは人々や世の中の基盤となる運勢と言えます。
そして太陽が牡牛座に滞在するこの1ヶ月間、世の中は再び地に足をつけ、新たな歩みを進める期間となっています。

ただ現在は日本も世界もコロナウイルスの蔓延によって大混乱となっています。人々の行動は制限され、仕事を続けることが難しくなっている人も急速に増えています。牡牛座の太陽が司る、じっくり世界を前進させていく力を感じることが難しいかもしれません。

占星術的にも、今回の太陽@牡牛座の1ヶ月は緊張をもって始まります。
太陽は、木星、土星、冥王星という重い星たちと緊張関係を持って4月19日を迎えるので、普段の年のこの季節とはかなり社会の様相が変わっています。本来ならば大地が生き生きと立ち上がる牡牛座の季節ですが、今年は外出もままならないような緊張関係がもたらされています。
この緊張関係は5月頭には緩んでいくのですが、入れ替わるようにこんどは火星のエネルギーが太陽に直に差し込んでいきます。つまり、社会は落ち着きからはまだ遠いようなのです。

ただ、それでも牡牛座の太陽は人々を前進させていきます。

今回の移動に際して注目すべき星の動きがあります。
それは昨年から牡牛座に滞在している天王星の存在です。
天王星は6、7年一つの星座に滞在して、世の中と人々を変革に導いていく役割を持っています。
そして牡牛座に滞在する期間は、少し大げさな表現をすると「地球を変革する」という役割を担っています。
これは大地や自然保護、気候変動などとも関連づけられますが、実際に起きている現象から人々の価値観や行動を変革していく役割、と考えられます。

いまの混乱は、この天王星の変革の最中であるという考えもできるはずで、だとするとこれから1ヶ月間の太陽は、この大きな変革の姿を凝縮して私たちに見せてくれるのかもしれません。

いままさに私たちに必要なのは、じっくりと現実を見つめて、そしてゆっくりとでも進んでいく牡牛座の精神のように思えます。都合のいい考えや夢想に浸るのではなく、現実をしっかり受け止めて、そこからいまできる現実的な努力をする、これに尽きるように思えるのです。

この牡牛座の太陽が与えるより具体的な影響は、あなたの星座タイプによって変わります。以下から自分の星座タイプを選び、太陽がもたらす1ヶ月の運勢を確認してください!


※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人はSOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト

12星座別、太陽が牡牛座に滞在する1ヶ月間のあなたのベースの運勢は?

混乱の中で仕事運が高まる。新しい仕事の形と出会う準備を

星が共鳴することで、大きな自己変革が加速する1ヶ月に

太陽はあなたを包み込み、混乱からできるだけ身を引き離す

厳しく制限された日常で「自由」を追い求める

混乱する社会から、新たな可能性、新たな道を見出す

遠くの情報、人との出会いが、あなたを変えていく

深く自分に潜る時期。大きな変革への「予感」が訪れる

人々とフェアに接することで、開ける道がある

日常の貴重さを知り、太陽の力を借りて日々の生活に努力を

与えることの楽しさを信じる。与えるべき人に出会う

太陽があなたを包み込むように守る。安心できる場所を見出す

今の社会状況だからこそサラサラと「巡らせる」ことを意識